WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。 エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページを活用し 売上・成果を上げる方法満載

web集客の最近のブログ記事

 

631663d6a7220180219_s.jpg

前回、チラシやビラなど紙媒体を活用した広告で集客していく方法をご紹介しましたが、今回は「日々使用する名刺を活用したweb集客方法/新規お客様を獲得する方法を掲載します。

一般的に自社ホームページやSNS、リスティング広告等による集客方法が効率的な営業手法ではありますが、実は名刺も工夫することで新規集客へと結び付けることができます。
 
例えば「誰かと初めてお会いする時」や「様々な交流会へ参加した際」等、必ず最初のご挨拶として名刺を交換します。そして通常の名刺は「会社名」「電話番号」「名前」「役職名」といった記載です。
 
しかし、これだけではお渡しした際のインパクトが薄く、ただ名刺交換をするだけとなります。最近では様々なデザイン、変わったビジュアルの名刺も多くあります。例えば紙の素材が半透明になっているものや、通常の名刺サイズではなく、敢えて小さめのサイズでインパクトを出しているものや目を引く非常に派手なデザイン名刺など、様々なタイプがあります。
 
インパクト重視で制作を行うと「凄くお洒落なデザインですね!」と驚かれれるケースもあると思います。
ただ、そこから新たなビジネスへと繋げるには目を引くデザインだけでなく、「明確な業務内容」「強みの分かるキャッチコピー」等が重要です。名刺裏面に会社/サービスの特徴を記載したり、担当者の写真やイラストを載せる事で他との差別化になります!
 
 

 

f536e509930a1883e_s.jpg

「チラシやビラなどの広告」をうまく活用し、web集客や新規お問い合わせへと繋げる集客方法についてご紹介したいと思います。
 
様々な業種でサービスや会社の認知度を上げたり、実店舗への集客方法としてチラシ/ビラを活用しているところが多いのではないでしょうか。営業活動の一環として確かに効果的です。ただ、チラシデザインや掲載内容によって新規問い合わせへと繋がるか?が大きく変わってきます。
 
紙媒体を手に取った方がまず最初に見る際、目を引くのが「キャッチコピー」です。これはチラシ広告だけではなく、webメディアや看板等で集客していく際も重要なポイントです。「このような仕事をしている会社です」といった打ち出し方の場合、閲覧する方に対しなかなかインパクトを与えることはできません。
 
まずは第一に目を引くキャッチコピーで、印象を与え「どんな広告なのか」興味を持ってもらう事が重要です。また「割引きキャンペーン」等を目立つように掲載したり、分かりやすく料金面などを掲載する事も必要となりますが、中でも有効なのがweb集客へ繋げるためのホームページ等メディアとの連携です。
 
 

ba29690205_s.jpg

今回はSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、Facebook(フェイスブック)を利用したweb集客方法についてご紹介いたします。

 
現在、フェイスブック・ツイッタ―・インスタグラムなど、様々なSNSが存在します。その中の一つとなるFacebookは日本だけでも会員数は約2800万人を突破(2018年1月現在)しています。
FBは世界的にも勢いのあるソーシャルネットワーキングサービスの一つとなっており、個人の方から法人等ビジネスでの理由まで、幅広く活用されています。
 
新規のお客様を増やしていく際、効果的なweb集客方法は、検索結果の上位へ表示されるよう「webサイトへのSEOを行うこと」と考えますが、Facebookも活用し集客されている企業様/個人の方もいらっしゃいます。
 
新規お客様をFacebookを通し獲得したいとなった場合、どのような方法が適しているでしょうか?本日のブログでは「Facebookで新規顧客を獲得する方法の基本」について掲載したいと思います。
 
 

web-conversion-up20180705-top.jpg

本日は変則的に「真面目なweb制作後の集客に関する話題」と「当社スタッフこだわりの話題」をお伝えしたいと思います。webサイトからの集客へ注力されている企業様から、よくいただく質問が「ホームページの成果率を上げる取り組みはたくさんありますが、どれを行えば良いですか?」といった内容です。

こちらに関しましては、”結論、優先順位付けはあるものの、成果が出そうなやり方が10個あるとすれば、10個全てを行うことです”とお応えします。「Aの取り組みを行い、駄目だったから次はBの取り組みへ注力する。そしてBがダメだったので、次はCを進める」のと「A、B、C、D・・・の取り組みを同時に行い、最も効果の高かったCへ注力をする」であれば、明らかに後者の方が短い期間で反響を出すことができます。

考え方としてはシンプルです。反響へ繋がる方法が10考えられるのであれば、大変でも10取り組むのが良く、「その10の中でも、上位3つが効果が高かった!」という結論が得られたなら、その3つへと集中的に取り組めば成果が上がるのは間違いありません。

 


ここで最も非効率なのは「Aがいいかな?、Bがいいかな?」「Aはこの点が良さそうだけど、でもあの点は他の方がいいからな‥」「Bはこういった面が良さそうだけど、〇〇なリスクがあるからな…」と考えすぎることです。何事も実際にやってみなければ、本当の成果は分かりません。そうして考え込んでいる内に、時間だけが過ぎ、結果、どれにも取り組まない。取り組まないから成果が出ないとなりがちです。

であれば、A・B・C全てに取り組み、結果を早期に知り、成果が上がる方法に対し労力を集中させるのが最も良質な結果が出るのではないでしょうか?今回は「Web集客に対し、いかにやるべきことを実践できるか?」へ焦点を当て、記事を書きたいと思います。

 

 

そしてお馴染みの弊社STAFFによる自己満足記事です。今回はラーメン大好きっ子の渡邉氏の思考について、お伝えしたいと思います!

20160129head.jpgこんばんは、エグゼクティブクリエイションWeb制作STAFFの渡邉です!こんな寒い日は、ラーメンに限りますね。ですよね?これはきっと私だけではないはずです!

【記事のリライト日:2018年7月5日(木)23時】

 

本日は多くのwebマスターが興味を持つ”Web集客に関するポイント記事”です。
「ホームページを既に持っているけれど反響が無い」「ホームページから毎月2、3件の成果はあるけれど、もっと多くの成果を得たい」といった会社様からお問い合わせをいただいた際、よくいただくご要望があります。

それは、「うちのwebサイトは見た目が良くない、デザインが良くないから反響があまりないと思うので、とにかくデザインを良くしてほしいのです!」といった内容です。

ここで知っていただきたいのが、確かにWeb集客にとってデザイン・ビジュアルは大切です。ですが、デザインを優れたものへリニューアルしたからといって、必ずしも急激に問い合わせ数が増えたり、反響が上がるものではありません。このようなデザインリニューアルのみを実行し、実際に「月々のトラフィックが倍になった。大幅に依頼数が増加した!」といったケースは殆どありません。



website renewal point201807.jpgwebサイトのコンバージョンを上げるには、ただ見た目を良くするだけではなく、SEOやリスティング広告面の改善といったアクセス流入の部分も見直す必要があります。またキャッチフレーズをよりメッセージ性のある訴求力の高い文面へと変えたり、現状のアクセスログを分析の上、最終成果率を高めるための改善/ABテスト等もあわせて行うのもポイントです。

【記事のリライト日時:2018年7月11日(水)19:00】


 

また最近お勧めのグルメの話題も同時にお伝えします。下記の美味しそうな焼き魚をご覧ください。
topimage sakana.jpg

東京浅草は、よく行くお客様先での電車の乗りかえで、度々降ります。そして2016年の初出勤日にもWeb制作スタッフ全員でお参りへ行きました。
 
最近和食ブームなので、浅草駅 雷門近くの銀鯱さんへ。焼魚がかなり美味しく、一緒に付いてくる、お漬物、梅干しもとても良い味です!

 

今回のブログ記事はHP公開後、本格的にサイト経由で売上を上げていく際や、本気で自社のブランディング等を行っていく時に大切な指標に関する話題です。
 
皆さまは「KPI」や「KGI」といった言葉を聞いたことがありますでしょうか?
web集客/web広告を打つ場合によく耳にする言葉です。KPIとKGIはWeb戦略を立案し、実行していく上で
重要な役割があります。
 
KPIとは元々、webマーケティング上の言葉ではなく、企業における最終目標への達成度を把握する/評価すべく指標で”主要業績評価指標”のことです。ちなみにKPIは「Key Performance Indicator」の頭文字を取っています。

web kpi and kgi.jpg
会社経営において、KPIと共によく表される指標がKGI(Key Goal Indicator)です。最終的な目標を評価する指標で”重要目標達成指標”と言われ、企業活動における売上や契約の数、利益率等がこちらにあたります。
 
簡単に言うと、KGIが最終ゴール(どれだけ目標が達成できているか?)や結果を計測するための重要指標で、KPIは最終目標までの過程での指標や達成具合を示す中間指標です。
 
そして、このKPIとKGIはwebサイトにおける成果を計測する際や、Googleアナリティクスなどのアクセス解析で数値結果を出す時などによく注目されます。ただホームページであれば、どのようなサイトでもKPI・KGIは同じような数値内容を表すのではなく、そのHPの業種や分類により実は大きく異なってきます。

 


そしてお勧めグルメネタです。今回は東京都内で中華が食べたい時や、新宿付近でホームページ制作の打ち合わせの後によく訪れるお店です。
men top.jpg

「厳選中華の江南さん」です。こちらは8年ほど前、新宿区 東中野に住んでいた時に家の近所でたまたま見つけた中華料理店です。
 
最寄り駅は新宿 下落合、東中野、大久保駅です。東京都内でwebサイトの打ち合わせ後はここぞとばかりに、こちらへ行っています。紹興酒、海老の黒胡椒炒め、炒飯大盛り、担々麺等を注文。とても美味しくお値段もリーズナブルで、量もあります!お勧めです。

 

20160104head01.jpg

あけましておめでとうございます!東京台東区のエグゼクティブクリエイションweb制作STAFFです。2016年も、何卒宜しくお願い致します!成果を上げるweb企画なら是非お任せください。

【記事のリライト:2018年6月25日(月)12:20】
 
年々、web集客に関するニーズが高まっています。ただ、それに伴い競合サイトの数も次第に増えているのではないでしょうか?インターネットがまだ普及し始めたばかりの頃は、そもそもホームページ自体の数が少なかったので、ある程度分かりやすいホームぺージ制作を行えば、他にないので容易にネット集客をすることができました。初期にwebサイトをお作りになられた方はその恩恵を十分に得ることができたのではないかと思います。

しかし、現在ではホームページを作るのが当たり前で、モバイルサイトも作らなければならない時代となりました。そのため、ただごく普通にHPを作り、ネット上へ公開をするだけでは集客することは困難です。現在ではそれを多くの企業や人びとへ認知されるための仕組みが必要となっています。
 

エグゼクティブクリエイションのweb制作/運営サービスは、ただサイトを作るだけではなく、その後の高いアクセス数の獲得や新規問い合わせ及びご依頼を数を高める”最終成果を得ること”を重視しています。サイトを見られる環境作りから、訴求力の高いデザイン/コンテンツ制作まで行っております。成果を上げるweb集客をご希望であれば、是非ご相談くださいませ。
 

本日のブログでは、web集客の話題と共にエグゼクティブクリエイションSTAFFで新年の初詣へと行ったお話をしたいと思います。エグゼクティブクリエイションの最寄駅である都営浅草線『浅草橋』駅から二駅先にある『浅草』浅草寺といえば、観光地としても有名ですよね。今年も多くの人で賑わっていました。
 

カテゴリ

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)
東京台東区のホームページ制作会社/株式会社エグゼクティブクリエイション
〒111-0052 東京都台東区柳橋2-5-6 TOMビル3F
TEL: 03-5839-2512 / FAX: 03-5839-2513