WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。 エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページを活用し 売上・成果を上げる方法満載

【webサイト作成時】写真撮影のポイント

ホームページを作成する際、写真があることで「印象に残るホームページ」となります。
文章が羅列されているサイトはユーザーが見飽きてしまうため、適度に画像を使用し「視覚的にわかりやすいサイト」にする必要がございます。
 
弊社では、ホームページに使用する写真についてお客様から撮影の要望をいただくこともありますが、中には本業が忙しく写真撮影の時間が取れないという方もいらっしゃいます。
 
その際、弊社所有の素材画像でホームページを制作することが可能ですが、ホームページへオリジナリティをもたせるためには、やはり独自で撮影したお写真を使用すべきと考えます。
 
 
「忙しくて写真撮影を頼む暇がない」という方には、お仕事の合間に少しずつ撮影をお願いしておりますが、「どういう風に写真を撮影すべきかわからない」と相談いただくことが多々あります。
 
今回のブログでは、ホームページへ掲載する写真を自社で撮影する際「押さえておくべきポイント」についてご紹介したいと思います!
 
camera_point_640.jpg
 
 

ホームページへ掲載する写真を撮影する際、押さえるべきポイント

製品や商品を写真で紹介したい場合

自社商品を紹介する際、多くのサイトでは商品説明とともに商品写真が掲載をされています。
 
商品の写真は「全体」と「細部」が把握できるよう、紹介するのがポイントです。
そのため撮影の際にも上記ポイントを念頭に置き、写真を撮る必要があります。
 
まずは商品の全体が写真に納まるよう撮影をします。
その後、商品の「お勧めポイント」や「ユーザーに見てもらいたい部分」を撮影します。
 
 
商品の種類にもよりますが、商品開発時にこだわって制作した部分をピックアップすることをおすすめいたします。その他にも、ユーザーがよく触れる部分や商品構造を紹介する写真等があると尚良いです。
 
撮影環境にも注意を払うと、より良い写真が撮影できます。
商品の背後に「商品とは無関係な静物や風景」が映りこむと、サイトへ掲載した際に雑多なイメージとなります。そのため、商品の背景は「無地」もしくは「商品を使用する環境をイメージした撮影小物」を用意しましょう。
 
サイトのデザインや商品イメージ、対象ユーザーを考慮し撮影環境を整えましょう。
 
 
 

スタッフさんの写真を撮影する際のポイント

弊社ではホームページデザインへ、「自社スタッフさんの掲載」を推奨しております。
実際に働いている方のお写真は、ユーザーに安心感を与えることができます。
 
スタッフの皆様は、誰もが写真撮影に慣れているわけではありません。
カメラを前にすると緊張してしまい、表情が硬くなってしまうケースが多々ございます。
 
正面から撮影されることに抵抗がある方は「デスクでパソコンに向かっている場面」や「工場で作業をしている最中」ですと、カメラに目線を送らずに済むため硬くならずに撮影できます。
スタッフ紹介などで使用するお写真であれば、働いている最中のお写真でも問題ありません。
 
また、スタッフさんの笑顔の写真が欲しい場合は、撮影をする際他のスタッフさんと会話をしてもらいましょう。そうすることで、会話の最中の自然な表情を撮影することができます。
被写体と会話するスタッフは、カメラに映らないよう立ち位置に注意してください。
 
 
被写体とカメラマンが会話することも可能ですが、その場合目線がカメラに向かうため、カメラを意識した表情となる可能性があります。
自然な表情を撮影したい場合は、撮影者以外の方と会話をすることをおすすめいたします。
 
その他、複数の方が同時にカメラに納まることで緊張感が和らぐパターンも。
撮影の時間についても、改めて「写真撮影の時間」を設けるよりも休憩時間等を活用して、数枚撮影すると良い写真が撮影できる場合もあります。
 
スタッフ写真を使用するページや意図に合せて、撮影方法や撮影環境を考慮しましょう。
 
 
 

オフィスの内装写真を撮影する際に注意すべき点

オフィスの内装をサイトへ掲載する際、注意すべき点について紹介します。
最も注意すべき点は、商品情報や顧客情報等の写り込みです。
 
お仕事の最中であれば製品や顧客の情報がデスクまわりにあるのは当然ですが、仕事中の様子を撮影する際には「重要書類」は引き出しや棚の中へしまうようにしましょう。
「絶対に写らない」と思う場所に置いても、鏡やガラスの反射により意図せず写りこんでしまい、それに気づかずホームページへ掲載してしまうケースがあります。
 
 
また「掲載時には修正すればいい」「サイトには小さく載るので大丈夫」とお考えの場合でも、万が一という可能性が。。
 
書類だけではなく、PCの画面に顧客情報が表示されていたというパターンもありますので、写真撮影時は写りこんでも問題のない画面に切り替えるか画面が見えない位置から撮影を行いましょう。
 
遠目だから見えないと思い撮影した写真が、パソコンに取り込んで確認をすると意外と重要情報が写りこんでしまい「使えない写真」となるのはもったいないと言えます。
 
 
撮影時間についても配慮すると、より良いお写真になります。
窓から自然光が入り込む時間帯ですと、オフィス全体が明るく活気が出ます。
夕方の時間帯ですと西日が差しこむ影響でオフィスの色味が変わる可能性があるため、可能であれば昼間に撮影を行いましょう。
 
内装を撮影する際、なるべくオフィス全体が入るよう撮影位置を決めるのも重要です。
壁や棚等があり思うように位置取りできない可能性もありますが、数か所で仮撮影を行い、一番見栄えのいい位置から撮影してください。
 
撮影時のオフィス内やデスクについても、なるべく整理整頓を行った上で撮影に臨みましょう。
皆様が笑顔で写る良いお写真に仕上がったとしても、オフィス内が荷物で溢れて雑然としていると会社様に対する印象が変わってしまいます。
 
オフィス内を仮撮影した写真について、撮影者だけではなく他の方とも写りをチェックし、不要な荷物はカメラの死角に移動させる等の対処をお願いします。
 
 
弊社ではホームページへ使用する写真の撮影についても承っておりますが、お時間が取れずに自社で撮影する場合は上記の内容を参考になさってください。
 
 
 
---------------------------------------------------------------

東京でwebの制作・運用を行うなら、

エグゼクティブクリエイションへ
---------------------------------------------------------------
◇webサイトについての
 お問い合わせはこちら
TEL:   03-5839-2512
FAX: 03-5839-2513
topshitabana03.jpg
------------------------------------------------
 

 

カテゴリ

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)