東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ クリエイターブログ
CompanyWebsite createContact

WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。 エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページを活用し 売上・成果を上げる方法満載

web-proposal_20180121_400.jpg

ホームページ運用をご依頼いただいているお客様より「シーズン商品」「季節限定のサービス」について、ご相談をいただくことがございます。季節が限定されている商品は、時期に合わせたアピール方法が必要となります。
 
エグゼクティブクリエイションでは、”シーズン商品をホームページ上で宣伝する方法”についてもご提案いたします。販売時期が限られている商品やシーズンを限定し提供しているサービスの宣伝方法について、是非ご相談ください!今回は期間限定商品/サービスの打ち出し方に関する話題です。
 
 

Dreamweaverで作業しているWEBデザイナーやコーダーの方で「Officeによって作られた表組をたくさんサイトへ載せたい」といった更新作業に手こずることがあると思います。
 
こちらで悩む方はそれなりに多いはずです。
なぜなら、ぱっと見で効率化する方法がよくわからなかったり、
あるいは載せてほしいと頼まれた表組の形式と、実際いただいた表組に項目数やレイアウトの違いがあるからです。
今回はアレコレと手をつくし、少しでもこういった内容を時短する方法をご紹介します!
 

web-proposal_20180116_400.jpg

エグゼクティブクリエイションでは講師業を営むお客様からのホームページ制作依頼をいただく機会が多くございます。
 
専門的な講座を開講している先生より「自身の詳細なプロフィールを紹介したい」「サロン(事務所)の場所をインターネット上でアピールしたい」といったご要望を頂戴しますが、中でも「ホームページ経由で講座申込みをできるようにしたい」といった内容が大半です。
 
ホームページへ検索上位対策を行い、講座申込みの獲得を目指す場合やブログ等で講座の告知を行いつつホームページへと誘導するケース等があります。
 
本日の連載ブログでは「講座情報の掲載」と「お申込みへの案内方法」について掲載をしたいと思います。講師業をされており、ホームページ経由で今後成果を上げていきたいとお考えの方は是非ご覧ください!
 
 

webcreate_proposal_20180112_400.jpg

ホームページを制作し開設したはいいものの、その後どういった内容を更新していくべきか?お困りの会社様が多くいらっしゃいます。
ホームページの更新内容として「閲覧者が求める情報」や「受注につながる内容」が多くの場合、メインとなっていくかと思いますが、実は「会社概要」も閲覧率の高いページの一つです。
 
多くのユーザーがホームページを訪問した際、「TOPページ」「業務実績」「会社概要」の3つのページを閲覧します。「業務の実績」を確認し御社の対応業務やこれまでの実績等を確認した後、「会社概要」で御社の会社情報をチェックするのです。
 
「会社概要」の情報が希薄・信頼性に欠ける場合、お問い合わせ以前に「検討リスト」から除外されてしまう可能性があります。そういった不要なリスクを回避するためにも、詳細な会社情報を是非掲載しましょう!本日クリエイターブログでは、「会社概要」ページをより掘り下げて解説したいと思います。
 
 

top google search  pic77.jpg

先月2017年末ごろからGoogle検索の検索結果表示が少し変わったことにお気づきでしょうか?
検索結果のサイト名の下に表示される部分の文章は、制作ホームページのHTML内に記述される「meta description」部分が主に表示をされます。
 
これまではdescriptionに書かれた120文字分が検索結果画面に表示されていました。それが先月12月末より倍の文字数が表示されるようになりました。普段からよく自社HPの検索結果などを確認されているWEBマスターの方は検索結果を見て、ふと「何だか文字が多いな・・・」と感じたと思います。
 
こちらの文面はページタイトルのすぐ下へ表示されるため、その”ホームページの紹介文”としての役割があります。そのため、ページタイトルと同様にとても重要で検索ユーザーが「そのwebページを開くかどうかの判断をする時、目に留まる文章」です。
 
本日のCREATORブログでは今回のサイト紹介文の増加に対し、どういった対応をすべきか?解説いたします!
 
 

さて、今回はややサブカル寄りなお話となりますが、「Youtuber」という単語はここ最近、すっかり定着をした感があります。
HIKAKIN氏やはじめしゃちょー氏など、本来Youtubeをホームとして活動している方がテレビにも露出するパターンが目立ち、普段積極的に動画を見ない方でもそういった発信をしている方の認知度は大きく上がったのではないでしょうか。
 
そんな中、ここ数ヶ月の間に「バーチャルYoutuber」という単語がインターネット上で話題になっています。
「バーチャルYoutuber」とは一体…?
 

ホームページ制作後の充実化提案 / 第25回

webcreate_proposal_20180109_400.jpg

東京をメインに関東エリアにてweb制作および運営サポートを行っておりますエグゼクティブクリエイションでは、ホームページを制作した後の更新運用を特に重視し、反響率を上げていくことを目的としたサイト運用をご提案しています。
 
webサイトを運用していく上で「定期的に新たなコンテンツを追加する」「ユーザーにとって価値の高い情報を掲載」することが大切です。
 
更新運用について、多くの会社様から「どういった内容を載せるべきかわからない…」とのご相談をよくいただきます。エグゼクティブクリエイションではこれまでの運営実績や専門ノウハウで、皆様のインターネット営業展開をお手伝いいたします!
 
 

webcreate_proposal_20180105_400.jpg

ホームページからの反響アップを目指す上で、ホームページの定期的な改善や追加等は必須です。
継続的に更新を行うことで、ホームページ上の情報が常に最新に保たれます。インターネット上には多くの情報が溢れていますので、正確な情報を発信することは御社の信頼にもつながっていきます。
 
今回は「アクセスマップ」に関するコンテンツアイディアをご紹介いたします。
 
現状のホームページへ「アクセスマップ」を掲載していない会社様やお客様の来店が多くある業種の方は、是非ご覧ください。
 
 
2user-point-create-top.jpg
昨年12月30日に掲載した記事の続きとして、「ホームページ制作時に重視すべきユーザー目線」のポイントを解説したいと思います。前回はHPを作成する前と実際の作成時のユーザー目線に関するお話をしました。
 
本日は”3:ホームページ運営段階のユーザー目線”と”4:コンバージョンを上げるために必要なユーザー目線”に関しご紹介します。ホームページは初期制作段階だけでなく、公開後のサイト運営段階によって大きく成果率が変わってきます。
いくら良いwebサイトを構築しても、その後の運営段階での取り組みをおろそかにしてしまっては本来の反響を得ることはできません。
 
そのため、一般公開後も「うちのホームページへ訪れるユーザーはどのようなことを求めているのか?」「アクセスをした際、ユーザーがストレスを感じる部分はないか?」といった視点で、再検討と改善を継続的に行いましょう。
 
 

2017年 クリエイターから見た出来事のまとめ

あけましておめでとうございます。
クリエイター一同より、新年のご挨拶をさせていただきます。
 
さて、2017年は、クリエイターにとって決して無視できない、一つの節目を見た年でした。
SNSやキュレーションサイトにより、情報が今まで以上にあふれかえる中、どんなことが起きていたか、簡単に振り返りたいと思います。
 

web-proposal_20180102_400.jpg

皆様は「チャットボット」をご存知でしょうか?
「チャットボット」という単語を聞いたことがないという方は、「iPhone」に搭載されている「Siri」をイメージしてください。
「Siri」はユーザーの疑問や要望等に応え、様々なアクションを起こします。
 
「チャットボット」も同様で、ホームページユーザーの問題解決やお問い合わせの手助けをするプログラムです。
 
本日は、ホームページの充実化提案のひとつとして「チャットボット」をご紹介いたします。
 
 

happy-new-year-greeting-top.jpg

謹んで初春のお慶びを申し上げます。2018年もより良いweb制作・web集客サービスをご提供できますよう、努めさせていただきます。株式会社エグゼクティブクリエイションをどうぞ宜しくお願いいたします。
 
中小企業を中心にインターネット、ホームページ、紙メディアを活用した「営業支援サービス組織」を拡大し、後の新会社設立へ向け邁進してまいります。まだまだ国内にはWEB/ITを活用することで、大幅に売上拡大、利益率UPを図る事ができる企業が存在します。ただ、どのように取り入れていけばよいか?分からず、模索されている方も多くいらっしゃいます。
 
そのような会社様へ向け、”効率的なWEB集客方法を共に考え、実行していく所までサポート”させていただきます。そして、その取り組みによってどれぐらいの成果が上がったか?を検証分析する、きめ細かな支援へ注力いたします。
web集客はお客様との二人三脚で、取り組んでこそ圧倒的な反響を得ることができます。そのため、お客様の会社へ深く入り込むことが必須です。会社の強みや重きを置いている部分が分からなければ、効果的なご提案を行うことはできないと考えます。
 
 

ホームページ充実化提案(第22回)

web-proposal_20171231_400.jpg

普段からネットサーフィンをする方であれば、ホームページ内の情報を探す際に「サイトマップ」を利用したことがあると思います。
「サイトマップ」とは「本のもくじ」や「遊園地の園内マップ」のようなもので、多くのホームページが設置しています。
 
「サイトマップ」では全ページへのリンクが一覧となって掲載されていますので、必要な情報がどこにあるのかを視覚的に理解することができます。
 
本日のブログでは「サイトマップ」についてご紹介したいと思います。
 
 

user-point-create top.jpg

当社ではホームページ制作時のディレクションでお客様へ「ユーザー目線でサイト構築を行う必要があります」とよくご説明します。
それは何故か?根本的にホームページは、幅広いインターネットユーザーに対して自社を深く知ってもらう、自社を好きになってもらえるよう制作をした方が、その後の最終成果へ繋がりやすいからです。
 
ここでご代表や担当者さんの好みで「自社が作りたいページ」を作ってしまうとその後、なかなか反響が上がらず、結局大幅にビジュアル/打ち出し方等を変更することになります。
勿論「自社のブランディング」が目的で、他ホームページとの差別化を狙う場合にはクライアントの好みや奇抜なサイト制作を行うのも良いと思いますが、まだ取り引きのない新たな企業からのお問い合わせ・ご依頼を今後増やす事が目的であれば、そこには「ユーザー目線」が欠かせません。
 
そしてホームページと共に作成をお勧めしている「ブログ」は、SEO面の強化とファン顧客を増やすため有効ですが、こちらもどういった内容を発信するか?が大切です。ただブログなのでプライベート目な社内イベントや社員同士の交流を載せるだけでなく、”どのような効果を得たいのか?”を明確にし、それと共に「どういった記事がユーザーに興味を持ってもらえるか?」も十分検討する必要があります。
 
今回の記事ではユーザー目線でホームページを制作/運用する際のポイントを解説したいと思います。
本日は”1:新規HP制作前に考えるべきユーザー目線”と”2:サイト構築時に必要なユーザー目線”の2点について掲載しています!
 
 

ホームページ制作を行う上で、ほぼ必須と言ってもよい「Photoshop」。
しかし、こちらのソフト、機能が優秀すぎて逆に、アレを実現するにはどうしたら良いのか?よく分からないといった方も多いと思います。
 
今回はちょっとしたTipsといいますか、普段目にする画像をどうやって作っているか?について簡単に解説をしたいと思います。
今回は「延々と、端と端がつながって繰り返している画像」についてご紹介します。
 
 

webcreate_proposal_20171226_400.jpg

ホームページを活用し圧倒的な成果を上げていきたい方/会社向けに「ホームページ 運用アイディア」をご紹介いたします!
 
ホームページは、作成後に適切な運用を行っていくことで”御社の頼れる強い営業マン”へと成長します。
「webページを新たに作成したものの、その後どのように運用すべきかがわからない」場合や、「今以上に高い反響を出したい」とお考えの経営者様は、こちらのブログ記事を是非ご覧ください。
 
また、ホームページの反響アップ/効果的なSEO対策についてのご相談も承っております。
是非お気軽にお問い合わせください!
 
 
webcreate_proposal_20171224_400.jpg
東京都を中心に、関東エリアにてホームページの作成/運用・フルリニューアルのご提案を行っておりますエグゼクティブクリエイションです。ホームページ作成後、どういった更新を行っていくべきか?」という疑問にお答えをする当連載も、今回で20回目を迎えました。
 
一言にホームページを運用するといっても、お客様の状況や目指すべき成果により方針が異なります。また業種によっても必要となるページやコンテンツ内容は違い、また会社ごとに「理想的なホームページの形」も異なります。
 
多数の企業様のWEBサイト運用をお任せいただいている身として感じるのは「自社ホームページに興味がある会社は、反響が出やすい」という点です。自社ホームページへ興味を持ち、前向きに更新運営を行っていることで、反響といった最終成果へ表れています。
 
ホームページはインターネット上で御社をアピールするための有力なツールの一つです。そのため、適切な運用と定期的な更新追加により、ホームページをより強力な新規営業時の武器として育てましょう!
 
 

「これからホームページ制作やwebデザインで生計を立てよう!」そう思う方は現状一定数いらっしゃるかと思います。
 
特に日本は漫画大国、海外の環境と比べ、絵心のある人の割合が多く、それは街中にあふれかえる広告やPixivなどに代表されるイラスト投稿SNSの活発さが物語っています。
 
じゃあ、デザインを仕事としてやっていくにあたり、どんなことが必要なの?というと、今一つピンとこない方も多いのではないでしょうか?
 
個人的な観点から、少しこのあたりの話題について触れていきたいと思います!デザイナーを目指す方に是非読んでいただきたい記事です。
 
 

website-blog-writting-top.jpg

先日Googleがウェブマスター向け公式ブログ内で発表した記事で「医療・健康系のコンテンツにおいて、医療従事者や専門家による記事は信頼度が高くより上位ランクするようになる」といった内容がありました。
逆に言えば、これまで上位表示されていたホームページ/記事でも信頼度が低いまたは根拠に乏しいものは、順位が低下する可能性があることを示します。
 
こちらは医療や健康系のみでなく、他の職種・業界の検索結果でも同じ傾向にあります。
 
昨今、CMSや情報サイトの構築/運営システムなどweb制作技術の進化により、誰でも容易に情報発信できるようになり、急激に膨大なコンテンツがライティングされるようになりました。中には何の根拠もない誤った情報や執筆者の主観のみで書かれたコンテンツも量産され、インターネットユーザー・検索エンジンユーザーはその情報が本当に正しいのか?を見極めなければならない状況にまでなりました。医療系まとめサイトのトラブルがまだ記憶に新しいですね。
 
今回のGoogleの取り組みには上記のような背景があります。
そのため、webサイトの運営管理を行うWEBマスターは今後、情報発信を行う際「その情報/コンテンツは本当に正しいのか?」「情報の出どころは?」「そもそも誰が書いた内容なのか?」を十分注意しなければなりません。特に大規模な会社組織の場合、情報発信までのフローを明確化し、トラブルを防ぐチェック体制も必要となります。
 
本日は今後、企業として「ホームページ上で情報発信をしていく際、どういった点に気を配るべきか?」を解説します。
 
 

webcreate_proposal_20171219_400.jpg

web制作後に追加をすべき内容について、ご提案する連載ブログです。
今回は「ターゲットユーザーに合わせた問い合わせメールフォーム」についてご紹介をいたします。
 
ホームページから最終成果へつなげていくには、ユーザーから積極的にアクションを起こしてもらう必要があります。そのためには「ご相談」「見積もり依頼」「ご契約」等のそれぞれのフェーズに合わせた窓口を設けておくことも大切です。
 
 

webcreate_proposal_20171215_400.jpg

ホームページ作成後、反響アップ対策を行っていく上で「固定メニュー/コンテンツ」追加はとても大切です。こちらの連載記事では、新たにホームページを作成される方や現在サイト運用をされていらっしゃる方向けに「掲載内容のご提案」を行っています。
 
本日のクリエイターブログは依頼時の流れ、建設業でいうと「施工の流れ」についてをご紹介したいと思います。ホームページは、アイディア次第で様々な活用が可能です。本ブログ記事が、御社のホームページを盛り上げていく一助となれば幸いです!
 
 

皆さんはホームページ作成時のSEO対策というと、どんなことを思い浮かべるでしょうか?多分、大体の人は「オリジナリティのある文章をそれなりの物量で掲載をする」であったり、「更新頻度を下げないように気をつける」「検索用の単語をしっかりと混ぜ込む」といった点が挙がると思います。
 
こちらはもちろん正解です。
しかし、WEBクリエイター/コーダーにとっては、話はそこで終わりではありません。
今回は、これらを踏まえた上で「WEBコーダーは普段どんな観点からHTMLを記述するのか?」についてご紹介をします。
 
 
webcreate_proposal_20171212_400.jpg
最初のホームページ作成から数年経過をしているお客様から、よくいただくお話で「もうホームページに載せるものが無いです」といった内容があります。
 
定期的にホームページへ内容追加を行い、適切な運用をされている会社様の場合、確かに「ホームページへ載せるネタ」がなくなっていくことは確かです。かといって「ネタがないから更新をしない」という時期が長く続きますと競合他社がホームページへ注力した瞬間、ホームページの検索順位が下がってしまうリスクがあります。
 
継続的にホームページ運用をしていく上で大切なのは「常に掲載のネタを探す」という事かもしれません。こちらの連載記事では、ホームページへの追加や掲載原稿でお困りの方向けに【ホームページの充実化案】を紹介しています。webサイトを運用していく上で更新/追加内容にお困りの方は、是非ご覧ください。
 
 
webcreate_management20171208_400.jpg
ホームページ作成後に継続的な運営を行い、サイトパワーを上昇させていくことが「ホームページから新規顧客を獲得していく」ための秘訣です。
 
定期的に「専門性の高い内容」や「希少な情報」を掲載しwebページの充実化を図ることで検索対策上の優位性が高まります。またホームページ上の「対策キーワード 出現率」についても配慮する必要があり、サイトテーマに沿った題材の内容を追加していくことが大切です。
 
先日Googleの「ウェブマスター向け公式ブログ」で「医療や健康に関連する検索結果の改善について」の記事が掲載されていましたが、その記事の中で「一般ユーザーの検索クエリや訪問も考慮に入れてください。」という一文が記されていました。
 
本日のブログでは「掲載記事の専門性」と「一般ユーザーの検索クエリ」についてご紹介したいと思います。
 
 

ホームページ制作時の料金に関する解説

webcreate-price-top.jpg

これから新たなホームページ制作を検討される際、様々な制作会社のホームページを見たり、情報ポータルサイトなどを確認されると思います。その際、会社やサイトによって大きく料金が異なることに気が付きます。何故こんなにも費用が異なるのでしょうか?
 
今回はこちらの疑問について詳しく解説いたします。他の業種と違い、ご存知の通りweb制作には材料などの原価があまりかかりません。強いて言うと、制作に使用するスペックの高いパソコンやillustrator/Photoshopといった専門ソフトウェアの購入費(ライセンス費)、ページ制作時の素材購入費が挙げられます。
 
では制作会社側で何にコストがかかっているか?というと、大きいのがやはり「人件費」です。ハイクオリティなデザインセンスやコーディングスキルを持ったwebクリエイターを雇用する場合、大きな採用費用と月給が発生します。そのため、webサイト制作時のお見積りは多くの場合「クリエイターの作業工数」によって決まります。またクライアントへの詳細なヒアリング/ディレクションが必要な時には「ディレクターの人的工数」も換算されます。
 
 

コーディングの効率と運用のコツについて

エグゼクティブクリエイション webクリエイターです。CSSを利用したコーディングが世の中で常識となってから結構な時間が経過をしています。私自身このコーディング業務に身をおいている体感としては、13〜4年といった感じでしょうか。

CSSというものは便利なものです。特に、ここ最近はCSS3による表現の多様化が進んでおり、昔であれば画像と工夫でどうにか強引に作成してきたレイアウトも簡単に出来るパターンが増えてきました。
 
一方、出来ることが増えすぎたことで、非効率なCSSの記述を重ねているホームページも多く見かけます。今回は手前味噌ですが私のコーディング方法について、少しご紹介させていただきます。
 
 

web-create-question17-top.jpg

弊社では関東、東京近郊を中心にこれまで数多くの新規ホームページ作成及び運営サポートを行ってまいりました。既存顧客からのご紹介や今ご覧いただいているコーポレートページからお問い合わせいただき、お伺いをした際、ホームページを作成するにあたり何らかの不安を持たれている方が多くいらっしゃいます。
 
今回はこういった新規作成時の不安や疑問について、できるだけ解消できますよう「よくあるご質問/相談」とその回答を抜粋し載せたいと思います。
こちらのBlog記事を読んでいただき、少しでも不安だった内容がクリアになれば幸いです。
 
「ホームページ作成時に自社の特徴やイメージがどれだけ伝わるか心配」「今ある競合ホームページに勝てるか不安」の2つのご相談を掲載いたします。
 
 

webcreate_proposal_20171205_400.jpg

近年、新たにホームページ作成を行いたいとお考えの会社様から「今後求人/採用活動にも注力していきたい」というご要望をいただくことが増えております。
エグゼクティブクリエイションでは、お客様のご要望に応じ『求人情報ページへ掲載をすべき内容/コンテンツ案』について様々なご提案を行っています。
 
本日のブログ記事では「求人情報ページ」へ掲載をすべき具体的な内容案についてご紹介いたします。
ホームページ経由で新たな人材の確保をご検討中の方は、是非ご覧ください。
 
 

webcreate_proposal_20171203_400.jpg

エグゼクティブクリエイションでは「内装リフォーム」や「外壁工事」などをメイン業務とする建築会社様のホームページ作成実績が多くごさいます。そして建設業のお客様へご案内している、ページ充実化提案の一つとして「アフターフォロー」や「保証書」の掲載があります。
 
御社では、施工後のアフターフォローはいかがでしょうか?保証書などは発行されていますか?
アフターフォローを行っている場合、それをホームページ上へ詳細について掲載していますでしょうか?
 
住宅リフォームや外装工事について、「施工後のフォロー」や「保証」を重視されるお客様は多くいらっしゃいます。アフターフォロー/保証書をお付けすることは当たり前と思い、ホームページ上へ掲載をされない工務店様もありますが、ホームページは「基本的なことほど、是非掲載をすべき」と弊社では考えます。
 
 

website-ranking-question-top.jpg

最近よく新規お問い合わせ時や既存のお客様からいただくご相談として、「一生懸命ホームページを更新しているのですが、何故かどんどん検索ランキングが落ちてしまい困っています」といった内容があります。
 
確かに高い頻度で制作ホームページのメインコンテンツを追加したりブログページを更新しているにも関わらず、検索順位が下がっていくと間違いなくモチベーションが下がるでしょう。逆に全然更新をしていないサイトの順位が上がっていると「更新何て、むしろしない方が良いのでは?」とまで思えてきます。
 
この問題を解決するためには「SEOキーワードを意識した内容を載せているか?」「サイトテーマとブレた内容をライティングしていないか?」といった点へ焦点を当てる必要があります。
定期的にホームページの更新を行うのであれば、今よりも検索順位が上がり、閲覧数も増えた方が良いのは間違いないので、今回のクリエイターコラムでは”サイト評価を上げる更新”について掲載をいたします。
 
 

皆様はどれぐらいの頻度でPCをお使いでしょうか?
人にもよりますが、タブレット端末やスマートフォンが普及しても、まだまだPCでの作業が必須な場合が大半です。
特にWEB関連/ホームページ制作系の業務は、いくらスマートフォンページが普及しても制作作業自体はPCで行っている方がほぼ全員ではないでしょうか。
 
そんな折、PCで作業をしていると色々な「困り事」に見舞われることもあると思います。今回はwebデザイナー視点からそういった「困り事」を解決してくれるソフトやサービスをご紹介いたします。
 
 

webcreate_proposal_20171128_400.jpg

株式会社エグゼクティブクリエイションでは、これまで2300件以上のホームページ作成・運用実績がございます。東京をメインに首都圏のお客様のホームページ作成・運用・リニューアル等をお手伝いしています。
 
インターネットを活用した集客をお考えの場合、営業ツールとしてホームページは必須です。
そして、ホームページはただ持っているだけでは効力を発揮できません。適切な運用・管理を行うことで、営業ツールとして輝きます。
 
インターネットを利用する際、多くの方は検索エンジンで気になるキーワードを検索し目的の情報を探します。
そのため、御社のターゲット層にホームページを見てもらうためには、まずは「業務に関連のある検索キーワードで上位に表示をされる」ことが必要です。
 
当社ではホームページからの新規集客や販路拡大をお手伝いしており、その一環として「ホームページ作成後の運用サポート」を行っています。こちらの連載記事では、ホームページ作成後に追加すべきコンテンツについてご紹介しています!
 
 

webcreate_correspondence20171126_400.jpg

ホームページ経由でお問い合わせがあった場合、御社ではどのような対応を行っていますか?
 
エグゼクティブクリエイションではこれまで多くの会社様に「反響の出るホームページ作成」「インターネットを活用した新規集客」について提案してまいりましたが、お問い合わせをいただいた際の対応は会社様により様々だと感じています。
 
ホームページを見てお問い合わせをする方は、事前にサービス概要などをある程度、理解をした上で御社へお問い合わせをしますのでプッシュ型営業よりも成約率が高いと言えます。お客様の立場でも、インターネットはサービス比較が容易にできるため、ネット上で取引先を探す方が年々、増加傾向にあります。
 
ホームページ完成後にいただいたお問い合わせへ適切な対応を行うことは、御社の売上向上へつながると考えます。
 
 

ブラウザというと何を思い浮かべますでしょうか?
大体の人はまず、「Internet Explorer」と「Google Chrome」、次に「Firefox」と「Safari」、そしてWindows10に搭載された「Edge」あたりではないでしょうか。詳しい方だと、「Opera」や「Sleipnir」を挙げる方もいるかもしれません。
 
そんな中、去年のお盆あたりでしょうか、あるブラウザが一部界隈の人たちの間で話題になっていました。名前は「Vivaldi(ビバルディ)」と言います。
 
今回は、こちらの新たなインターネットブラウザについて簡単にご紹介をします。
 
 

webcreate_correspondence20171121_400.jpg

ホームページ作成後、新規サイト訪問者からお問い合わせがあった際の「初回対応」は非常に重要です。「初回対応」によって、御社の第一印象が間違いなく決まります。
 
前回は「お電話で問い合わせがあった際の注意点」をご紹介しましたが、今回は「メールでご相談をいただいた際の対応とその注意点」についてご紹介したいと思います!
 
メールアドレスを公開している会社様や専用メールフォームからのご依頼を受け付けているホームページの場合、「一度に多くの会社へ問い合わせを行いたい」「営業時間内に電話することが難しい」といったご理由からメールで相談をいただくことが多くあります。弊社でも、ホームページ制作に関するご依頼をメールでいただくケースが多いです。
 
電話でもメールでも、”お問い合わせいただいたユーザーを第一に考えた対応を行う”のが望ましいと言えます。
 
 

ホームページ作成後のお客様対応への注意点

webcreate_correspondence20171119_400.jpg

インターネット営業を行う上でホームページは必須です。検索対策を考慮した作成・運用でホームページを育てていくことで、最終成果へつながります。
 
ですが、インターネット経由での最終成果は「ホームページの見せ方やSEO対策」だけで決まるものではありません。お電話やメールで問い合わせをいただき、その後の対応が大きく最終成果を左右します。
 
本日のブログでは、エグゼクティブクリエイションが考える「ホームページ経由でお問い合わせをいただいた際の対応」についてご紹介します。ホームページ作成後、適切な運営を行い、実際に反響へ繋がっている会社様の多くが実践している「お客様への対応」となりますため、是非ご覧ください!
 
 

レスポンシブホームページを作成する時の注意点をこれまで3回分、掲載してまいりました。
 
今回は注意点というよりは、知っていると今後トラブル対応がラクになるタイプのお話を載せたいと思います!
これからホームページの作成を進める際、少し他のwebページと差をつけられるかもしれません。
 
 

webcreate_proposal_20171114_400.jpg

株式会社エグゼクティブクリエイションではホームページ制作・運用を行う際に、定期的なコンテンツ追加をご提案しております。

本日のブログでは、サイトへ追加すべきコンテンツアイディアをご紹介します。

検索対策を考慮した更新・運営は、自社の業務に合った「コンテンツ」を追加するのが最も効果的です。自社サイトへ追加すべきコンテンツにお悩みの方は、是非ご相談ください。

詳しい追加コンテンツアイディアについてはこちら

 

webcreate_proposal_20171110_400.jpg

ホームページ制作時の「追加コンテンツアイディア」をご紹介するブログも、今回で13回目を迎えました!
サイト運用者さんが参考になる情報をご提供できますよう、今後も様々なコンテンツ追加アイディアを提案してまいります。
 
今回は、ECサイトに必須のコンテンツ「ランキング」「カスタマーレビュー」「レコメンド」についてご紹介いたします。既にコンテンツとして導入されている方も多くいらっしゃると思いますが、改めてその必要性を説明させていただきます。
 
インターネット上で自社製品や仕入れ商品を販売しているサイト管理者様は、是非ご覧ください。
 
 

1回目・2回目と、レスポンシブサイトを作成する際に注意する内容を掲載してまいりましたが、今回が3回目となります。今回はさらに少し突っ込んだ話題を載せたいと思います!
どの話題も、レスポンシブサイト作る時に知らないとどうしようもないタイプの話題です。
 
 

webcreate_content_20171105_400.jpg

東京を中心に関東エリアにてホームページの制作を行っておりますエグゼクティブクリエイションです。
当社ではwebサイトの初期制作から長期運用・反響アップ対策、そしてサイトデザインのリニューアルまで一貫して対応いたします。
 
本日は、ホームページでは一般的なコンテンツである「よくあるご質問」について、「どういった質問を掲載するべきか?」という疑問にお答えします。
 
よく見かける「よくあるご質問」コンテンツですが、いざ自社サイトに掲載するとなるとどういった質問を掲載すべきか悩む方は多くいらっしゃいます。
業種別に「掲載すべき質問内容」のサンプルをご紹介しますので、是非参考になさってください。
 
 

先日、レスポンシブサイトを作成するにあたって気をつけるポイントを掲載いたしました。
やってみると意外と縛りとなる条件が多く、CSSの設定の前にソース自体をどうやって書いたものか困る方も結構いるかと思いますが、慣れてくると保険を利かせた感じのソースが書けるようになってきます。
 
今回は、少し難しいけれど確実に出くわすタイプの問題について解説したいと思います。
 
 
 

webcreate_proposal_20171027_400.jpg

エグゼクティブクリエイションでは、ホームページの新規制作及び運用管理・webリニューアルに対応しております。サイトの新規制作はもちろん、既存サイトへのテコ入れやフルリニューアルといったご相談も承ります!
 
弊社へお問い合わせくださるお客様は「反響の上がるホームページにしていきたい!」「サイトから新規顧客ルートを新たに開拓したい!」というご要望をお持ちです。
webサイトを制作したからといって、毎回すぐに反響につながるわけではありません。適切な対策や地道な運営努力があってこそ、ホームページは大きな成果を生みます。エグゼクティブクリエイションでは、お客様のweb戦略に関する道案内をいたします。
 
本日のクリエイターブログでは「サイト運用時に追加すべきコンテンツの第12回」についてご紹介をします。ホームページ運営・定期的なページ更新についてお困りの方は、ぜひご覧ください!
 
 

必ずしもレスポンシブサイトでサイト制作をしなければ反響が上がらない、検索上位へ表示されないといった訳ではありませんが、サイトリニューアル時などにレスポンシブサイトにするケースが年々、増加傾向にあります。
とはいえ、いきなり社内/内製で作ってほしい!と言われても何をしたらいいのか…と困っている企業のWEB担当者の方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?
 
今回は、レスポンシブサイトの基本的な作り方と概念について詳しくご説明いたします!
 
 

website-service-recruit-top.jpg

当社は東京台東区の柳橋に本社オフィスがあります。現在、2300を超える既存クライアント様からのご紹介や追加のweb制作依頼、会社立ち上げ当初から行っているテレフォンアポイントによるダイレクトセールス、コンサルティング会社様からのホームページ制作依頼、そして今ご覧いただいているエグゼクティブクリエイション会社サイト経由の新規依頼と、多様な新規お仕事のルートがあります。
 
メイン事業はweb制作とその後の運営/反響アップ対策ですが、企業案内パンフレットや案内ビラの作成等、紙媒体のご依頼も年々増えています。となると、やはり既存スタッフでのやり繰りだけでは限界があります。どの業界も人手不足といわれていますが、そんな中でも是非当社のwebのお仕事へ興味を持っていただければと思います!
 
 

完全にタイトルで出オチとなっておりますが、この休日前後の話題として、結構衝撃的なお話が飛び込んできました。
 
「そんなバカな!」と思われる方もそれなりにいらっしゃるとは思いますが、原理的な話も含め、ためになったのでこのブログで取り上げさせていただきます。ご存知の通り、illustratorはホームページ制作時やパンフレット制作時にもよく使用するソフトです。
 
 

webcreate_proposal_20171022_400.jpg

近年facebookをはじめとしたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及により、SNSをプライベートで活用している方が多くいらっしゃいます。
 
またプライベートだけではなくマーケティングツールとしての活用方法も注目されています。
自社ホームページとともにSNSに自社アカウントを設け、運用を行っている企業様も少なくありません。
 
今回のブログでは、「制作ホームページへ追加すべきコンテンツ案」としてSNSとの連携やその活用方法をご紹介いたします。現在、自社のSNSを運用している方や今後運用を考えている方は、是非ご覧ください。
エグゼクティブクリエイションでは、ホームページ運用とともにSNSに関連したアドバイスを行っております!
 
 

普段私たちが見ている色についてのお話

普段、私たちは印刷物やパソコン・スマートフォンの画面上などで様々な画像データを見ています。
 
そんな中、「会社でパンフレットを作ったけれど、何だかPCでデータを見せてもらった時の方が、写真が明るい気がする…」といった経験をされた事はないでしょうか?
ホームページ制作時にも、制作会社が持っていたiPad等の端末で見たのと、自社ディスプレイで見た時と色合いが違って見える…といったケースもあります。実は、私たちを取り巻くデジタルデータ上の『色』にはあまり知られていないルールがあるのです。
今回はそれについてご説明します。
 
 

コード検証・共有サービス「Codepen」のご紹介

こちらの会社ブログを更新し続けて結構な日数が経過しました!
なんと、この記事で当サイトのブログ記事が600本目のようです。
節目だから…というわけでもありませんが、今回は少し上級者向けのお話をさせていただきます。
 
本職の方でなくても、どうしても上司の方やクライアント様の要望などで、ちょっと変わった用途のCSSやJavascript等をホームページへ追加しないといけない、けれど自分にはぶっつけ本番でどうにか出来るような度胸はない…なんて状況になったことはありませんでしょうか?
私はこれまでのコーダー人生(webクリエイター)の中で何度となくあります。もしも壊したら直すのはやはり自分となるので、余計慎重になります。
 
そんなときに使える、「Codepen」というサービスについてご紹介いたします。
 
 

webcreate_proposal_20171015_400.jpg

web制作をする際、「会社概要」や「業務内容」「サービス内容」「メールフォーム」といったコンテンツは初期制作時点で設置されているサイトが多く、ホームページの基本的なコンテンツですよね!
 
こちらの連載記事では、ホームページを運用していく上で「新たなコンテンツを追加するとしたら、どういったものを追加すべきか?」や「定期的なサイト更新の際、どのような内容を載せると効果的か?」といったお悩みへの回答として、弊社がこれまで行ってきた追加提案/アイディアをご紹介しています
本日ご紹介するのは「当社の強み」「施工(治療)へのこだわり」コンテンツです。
 
例えば、内装リフォームを検討しているユーザーが「施工依頼する工務店を選ぶ」際、費用や工務店のロケーション、施工店に対する信頼度など様々な条件で比較検討されると考えます。
 
このような検討をする際、施工店の強みや特徴はユーザーの検討材料のひとつとなります。「当社の強み」「施工(治療)へのこだわり」をサイト上へ掲載することで、御社の特徴や仕事に対する姿勢等をアピールすることができます。
 
 

伝えたいイメージと使いたい写真の関係

ホームページ制作時に何かしらのイメージを伝えたい時に、プロのデザイナーへ頼めばキレイに作ってくれるだろうけど全部お願いしているとキリがない…
 
という方は結構いらっしゃると思います。特に、ご自分で通販サイトなどを運用している方はなおさらではないでしょうか。
 
幸い、世の中には無料もしくはごく少額でプロのカメラマンが撮った写真を利用できるサービスが多くありますし、お手持ちのスマートフォン端末でもそれなりに良質な写真を撮ることが可能です。
今回はこういったサービス利用時や端末での撮影で、どんな写真を調達するのがよいか?を解説したいと思います。
 

webcreate_proposal_20171010_400.jpg

初期web制作時やサイト運用を行う上で「ユーザーの目線に立つ」ことは非常に重要です。
 
デザイン面で例を挙げるとすれば「ボタンがクリックしやすい」「文字が読みやすい」といったポイントがあげられます。
また「わかりやすいコンテンツ名」「サイトマップの有無」等、サイトを利用するユーザーを考慮し、サイト構成を考えることも大切です。
 
ホームページデザインや構成と同様に、サービスを利用する際のフローでもユーザー目線に立つことが必要です。
製品を購入しようと思ったユーザーが「お問い合わせ時」や「製品購入後」に困らないよう、ユーザーをサポートするためのコンテンツを掲載すべきです。
 
本日のクリエイターブログでは、サイトへ掲載すべきコンテンツ案「ご依頼から提供までの流れ」「Q&A」についてご紹介します。
 
 

website_point_20171006_400.jpg

web制作の依頼をいただく際「求人募集ページに力を入れたい!」という要望が多く見受けられます。
コーポレートサイトとは別に求人サイトを設けたい」という会社様や「ちょっと変わった求人ページを作りたい」といった会社様など、「求人に注力したい」度合は会社により様々です。
 
本日は、エグゼクティブクリエイションが「求人サイト・求人ページに注力したい」というクライアントへご提案しているコンテンツ内容の一部を紹介します。
求める人材を獲得するためにどのようなコンテンツを掲載すべきなのか、ホームページ制作時の参考になれば幸いです。求人サイト・求人ページを充実化させ、ホームページのコンバージョンをアップさせますましょう!
 
 

webcreate_proposal_400.jpg

弊社ではお客様からホームページ運用をご依頼いただく際、定期的に「コンテンツの追加提案」を行っております。サイトへコンテンツを追加する利点として「ユーザーの満足度向上」「サイトボリュームの増加」などがございます。
 
Google等の検索エンジンは年々、「良質なコンテンツ(ユーザーにとって満足度の高い情報)」を評価する傾向にありますため、新たなコンテンツ追加は検索対策の中で有用な施策のひとつです!
 
今回は追加すべきコンテンツとして「コラム」「特別コラム」について、ご紹介いたします。
 
 

ホームページ/WEBデザインに限らず、お仕事をしている以上文章を書くといった作業は必ず発生します。
プレゼンや社内の会議等で、クライアントや上司の方へ自分が作った資料、あるいは図表などを見せる機会というものは頻度の差があってもゼロという方は少ないのではないでしょうか。
 
そんなとき、同僚や他の企業と提案内容がさほど変わらなかった…なんてことも珍しくはないはずです。同じような仕事をしていて、同じぐらいの業務経験の相手なら提案内容がかぶることもあります。
そして最終的に相手はどちらを選ぶか?というと、おそらく「説明がうまい方」か「資料自体が丁寧でしっかりしている方」になるかと考えます。
そこで、今回はホームページ制作会社のブログらしく「資料を丁寧につくる」ことに焦点を当てて、クリエイター視点から見た「書体の選び方」について書きます。
 

website_contents_20170924_400.jpg

弊社では「webサイトを制作したものの反響がない」「ホームページは定期的に更新するべきと聞いたが何を更新すべきかわからない」といったお悩みをいただくことが多くございます。
上記のような悩みをお持ちの方へ「サイト改善案」として更新内容やコンテンツ追加を提案させていただいております。
 
こちらのブログでは、これまで行ってきた数々の提案の中からサイトを充実化させるコンテンツアイディアをご紹介いたします。
 
6回目となる今回は、「youtube動画の掲載」についてお話をします。
「youtubeは知っているけれど、ホームページへの活かし方がわからない」という方は、是非一度こちらのブログをご覧ください。
 
 

統一された色調が持つイメージのあれこれ

統一された色調が持つイメージのあれこれ

先日、当ブログで「配色と色が持つ印象」について記事を書きましたが、今回はそれにつながるお話として、「写真の色調」について記事を書きたいと思います。
 
最近のスマートフォンは、ほとんどの機種に標準装備として「画像編集」ができるアプリケーションがインストールされています。その中には色調を補正できるものも多くあります。
 
SNSやLINEなどに投稿する時に、なんとなくでそれっぽく色調を変えて投稿されている方も居るのではないでしょうか?このあたりの色調が持つイメージについて、簡単に解説をいたします!
 

ホームページ制作を格安で行うための手段

web-means-top.jpg

まだホームページを持たれていない方で、「できるだけ格安でホームページ制作を行いたい!」とお考えの方も多いのではないでしょうか?
 
世の中には格安でwebサイトを作ることができるサービスもありますが、このようなサービスの場合「テンプレートを使い自分で作る」必要があったり、アクセスアップ/コンバージョン率を上げるために重要な「SEO対策・サイト分析などが無い」「ページ追加が割高」「サポート面が弱い」等といったデメリットの面も考えなければなりません。
 
オリジナルで良質な、反響あるwebサイトを作るには、やはり専門のweb制作会社へと依頼をした方が間違いありません。ですがその分、制作コストがそれなりに発生をします。
今回のクリエイターコラムでは「web業者へ見積り依頼をする際に制作コストを下げるポイント」についてご紹介します!
 
 

WEBデザイナーでなくてもできる?配色の基本

デザイナーでなくてもできる?配色の基本

さて、皆様はホームページに限らず「配色」について営業資料やプレゼン原稿を作る時に困ったことはないでしょうか。
 
検定などもあることから、配色については難しくてよくわからないという印象を持っている方も多いかと思います。
しかし、デザイナーではなくてもある程度の要点を押さえておけば、実はそれっぽい見た目のものを作ることは十分可能です!
 
そんな「配色のポイント」をいくつかご紹介したいと思います。
 

webcreate_400.jpg

webサイト制作のご要望をいただく際、弊社では「サイトの完成はゴールではなく、スタートラインです」というお話をしております。
 
サイトを制作するにあたり、ある程度のコストがかかります。制作費用はもちろん、制作する際に必要な原稿やお写真の準備。また、打ち合わせのスケジュール調整等も必要となります。
 
労力をかけて完成をさせたホームページ。御社はサイトが完成した時点で「ようやくゴールにたどり着いた」と思われていませんか?
webサイトの目的が「ホームページから成果を出すこと」から「ホームページを作ること」へとすり替わっているケースも見受けられます。
 
弊社では「結果を出せる営業マン」としてのホームページ運用を提案します。webページを「結果を出せる営業マン」として活用していくには、定期的なサイトの充実化・見直しを行い、サイトボリュームをアップさせる必要があります。
 
今回のブログでは「ホームページをボリュームアップ・充実化させるコンテンツアイディア」について、ご紹介いたします!
 
 

webデザイン会社の差別化のポイント

webcreate-point17top.jpg

東京近郊の一都三県にはwebデザイン会社が多く存在すると、このクリエイターコラムでも何度かお伝えしてきました。そのため、ホームページを新たに作りたいユーザーは「たくさんの制作会社があり、どこへ依頼をしたらいいのか」迷います。
そして多くの場合、その会社が他とどう違うのか?をホームページを閲覧し検討します。
 
各制作会社が打ち出す差別化のポイントも「デザインのクオリティ面やSEO面、運営サポート面」と、会社によって様々です。今回のコラムではその各アピールポイントについて、解説をしたいと思います。
 
 

HTTPS通信の普及と今後起きそうなこと

https website putin top.jpg

先日、HTTPSの導入について記事を掲載いたしましたが、現在のインターネットの流れは「理想を言えばwebサイト全てがHTTPSの通信をすることが望ましい」という風潮になりつつあります。
それにともなって、様々な企業の思惑なども含めたいろいろな変化が起きつつあるようです。
 
そのような中から、今起きていることと、今後起きそうなことについてを少しご紹介したいと思います。
 

web担当者抜けに伴うサイト管理も承ります

webmaster pic top.jpg

エグゼクティブクリエイションへお問い合わせをいただく内容として、最近増えているのが「web担当の人が退職してしまって、ホームページを更新することができない代わりに管理をしてもらいたい」といったご相談です。
 
中小企業では最初のweb制作時からその後の更新/運営まで、一人のweb担当者の方が担っていることが多くあります。そのため、上記お問い合わせをいただいてお伺いをしますと、FTP情報は勿論ドメイン・サーバーがどこで管理をしているのかも分からない…といった状態になっています。
 
そして、こういったホスティング情報はさくらインターネットやGMOとの初期契約時の書類を紛失してしまいますと、お客様でお調べするのが困難です。費用の支払いも、請求書払いではなく「メール連絡による銀行振り込み」となっているケースもあります。気がつかないうちにドメイン・サーバー更新費用が未納となり、「いつも間にかWebサイトが消えてしまっている!」といったトラブルも度々あります。
 
弊社ではこちらのようなお困り事にも対応しており、専用サイトから「ドメイン管理に関する情報をお調べし、どこへ問い合わせをすれば良いか」などもサポートいたします。
 
 

cuntents aidea7 top.jpg

弊社ではクライアントへの定期訪問時、ホームページを運用する上で「定期的な新コンテンツの追加」「掲載内容の充実化」がとても重要な旨をお話しています。
そして、実際に「どのような内容をWebサイトへ掲載していくべきなのか?」について、多くのWebマスターの皆様が常に悩んでいらっしゃると思います。
 
今日のクリエイターブログではコンテンツ充実化記事の第3回目として「web制作会社が直伝する、ホームページのメニューコンテンツ追加に関するアイデア/インターネット割引」について、ご紹介いたします!現在管理しているホームページを更に充実化させたい方は、是非こちらのアイデアを活用ください。
 
 

homepage-ssl-top.jpg

先日こちらのColumnにて、「ホームページ制作後のHTTPS化手順」についてご紹介をしました。ですが制作サイトに対しSSLサーバー証明書を発行し、HTTPS対応をした後にも行うべき施策/注意点がいくつかあります。
 
「http://」のURLに対し、「https://」へのリダイレクト処理を行うだけでなく、Googleサーチコンソールへの新たな設定の他、Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携、主要外部リンクの変更などがあります。HTTPS対応した後にこのような設定変更を行わないと、今後正しく制作ホームページへのアクセスログが取れなくなるといった弊害が生じます。
 
このようなトラブルを防ぐため、HTTPS化後に行うべき設定変更について掲載をしたいと思います!
 
 

s_20170829_400.jpg

エグゼクティブクリエイションでは初期web制作時はもちろん、サイト公開後の運営サポートフェーズでも対面での「訪問打ち合わせ」に注力しています。
 
何故ならwebに関する事業を行っている、インターネット関連の事業をしているからこそ「実際にお客様にお会いしての打ち合わせを行うべきである」と考えます。
今回のwebクリエイターコラムでは「何故弊社がお客様先へ訪問しての打ち合わせに力を入れているのか?」の理由について、お話をしたいと思います。
 
 

Mastodon

FacebookやInstagramなど、様々なSNSがひしめく中、Twitterをまだ使っている方も結構多いのではないでしょうか。
 
一方、Twitter自体は2006年からリリースされていることもあり、長く使っている中で少し不満がある…なんて方も多いかと思います。
(特にスマートフォンで公式以外のTwitterクライアントを使っている方は…)
 
今回は、Twitterライクなサービス「Mastodon」についてご紹介をしたいと思います!
 

ホームページ制作後のhttps化手順

s_https_20170826_400.jpg

近年、ECサイトやコーポレートサイトをはじめとした多くのホームページでHTTPS暗号化の導入が進んでおります。
 
ホームページを閲覧する際、アドレスバーに「保護された通信」や「カギのマーク」が表示をされているwebサイトがあるかと思いますが、これはHTTPS暗号化を導入していることを意味します。
 
HTTPSとは、「Hyper Text Transfer Protocol Secure」のことで、HTTPS暗号化を導入しているホームページのアドレスは、「https://」からはじまるURLとなっています。
「カギのマーク」「アドレスがhttps://からはじまっている」ホームページは、セキュリティが保護されています。
 
エグゼクティブクリエイションでは、8月25日よりHTTPSへ対応いたしました。本日のブログでは、HTTPS導入に伴い「さくらインターネットでの独自SSLの導入方法とその手順」を紹介させていただきます。
 
 

s_20170824_400.jpg

東京都内をメインに関東エリアにてホームページ制作・運営サポートを行っております、エグゼクティブクリエイションではGoogle等検索エンジンからのサイト評価向上のため「定期的なコンテンツ追加のご提案」もいたします!
本日はサイト充実化に向けたコンテンツ「店内/院内ツアー」「Googleインストアビューの設置」についてご紹介したいと思います。
 
webサイトは制作後の運用・保守が非常に重要となっております。
既存の情報を随時更新していくことはもちろん、ページや記事の追加を定期的に行い、意識的にサイトの充実化を図ることが”サイト評価向上の鍵”です。
 
 

web制作会社 お勧めの便利ツール:Pinterest

pinterest-top-main-s.jpg

皆さまはPinterestというサービスをご存知でしょうか?
本日のコラムは「web制作会社オススメ便利ツール/サイト」のご紹介として、近年徐々に広まっているピンタレストについて掲載をしたいと思います!
 
Pinterestは主にネットサーフィンをされる一般ユーザーだけでなく、ホームページの運営管理を行うwebマスターの方やウェブデザイナーさんにも大いに役立ちます。
ピンタレストのアカウントを作成すると自分用に「ボード」が作られ、そこへお気に入りの画像やサイトデザイン・グラフィック等を「ピン」として収集することができます。
 
テーマや保存写真のタイプごとに細かな「カテゴリ分け」をすることが可能で、それを友人や知り合いへFacebook記事のようにシェアできるのも特徴です。当社のwebクリエイター・ディレクターも使用しており、インターネット上で気になった画像やサイトを予め多数ピン留めしておくことで、ホームページデザインやグラフィックデザイン、パンフレットなど紙媒体のデザインを検討する際にも非常に便利です!
 
 

top_web-price-plan.jpg

新規でお問い合わせをいただいた際、よくあるご質問が「初期のホームページ制作料金」についてです。こちらは制作内容/制作ページ数や必要な機能、作業工数等によって大きく変わってまいりますが、今回の記事では初期web制作時の費用に関する一般的な相場を掲載いたします。
 
勿論、制作料金はweb制作会社によって定められている金額は異なりますが、「一つの目安・参考」として頭の片隅に入れていただくと今後役に立つかと思います。
ちなみに多くの制作会社が作成に関する料金を算出する際、注意している点は「作業工数」と「納期」の2点です。
 
 

Customer satisfaction up web top.jpg

当社では東京を中心に企業・店舗のホームページ制作/運営事業を展開していますが、サービス満足度アップのために様々な取り組みを行っております。
 
今回のクリエイターコラムでは顧客満足度向上として、行っている内容の一部をご紹介したいと思います!
「初期web制作段階」、「サイト運営フェーズ」、「SEO/反響アップ対策面」、「その他パソコン機器対応面」とそれぞれ具体的な事例と共に掲載をいたします。
 
今回ご紹介する取り組みへ力を入れている事によって「5年以上のサービス継続率94パーセント」といった、多数のお客様からご支持をいただける実績へ繋がっていると考えます。
 
 

いまさら人には聞けない?CSSの意味と使い方

近年は、WORDPRESSをベースにした「ホームページ制作サービス」が増加しています。
そんな中、ご自分で会社のホームページやご自身のホームページを作ってみよう…そう考えている方、既に制作を進めている方も結構な割合でいるのではないでしょうか?

そういった時、多くの人が最初につまづくのは「CSS」です。
今回は、このCSSについて少しお話をしたいと思います!

>記事の続きを読む

 

blog-main-pic400.jpg

前回のクリエイターコラムの続きで、ホームページ制作のプロが教える「web制作時にサイトの見た目を良くするアイデア」について執筆いたします!
 
「メニュー/リンクボタン内への画像挿入を工夫」「実在の人物写真をメインビジュアル・コンテンツへ使用」の2つの方法について、今回ご紹介します。
どういった画像を、どのようにコンテンツへ使用するか?でサイトの見た目は大きく変わります。また素材画像ではなく、ご代表や実際のスタッフさんのお写真を撮影の上、活用することでビジュアル面が改善するだけでなく、ユーザーに対する会社イメージが伝わりやすくなる利点があります。
 
 

site-visual-top.jpg

ホームページ制作を行う際、多くの方が見た目を優れたものにしようと悩まれると思います。
特にトップページは本でいうと表紙、制作ホームページの顔となるため「できるだけビジュアル良くしたい!」とご相談をいただきます。
 
一言にwebサイトの見た目を良くするといっても、メインビジュアルへ美麗な画像やインパクトのある写真を入れたり、動的表現を活用したりといった多様な方法があります。
他にもウィンドウ横幅に従って、画像やレイアウトが伸び縮みするタイプの「リキッドレイアウト」も最近人気で、多くのホームページで導入をされています。
 
ただweb制作会社へ「サイトの見た目を良くしたい」とだけ伝えても、具体的にどういった事をホームページへ行えば良いか、なかなか思いつかないのではないでしょうか。
今回の記事では、ホームページのデザイン/ビジュアルを格段に良くする方法についてご紹介いたします。
 
 

conversion up  point8 top.jpg

ホームページ制作/サイト運用等を担うwebマスターの方は、日夜「いかに自身の運営サイトの最終成果率(コンバージョン)を上げるか?」に悩まれていると思います。
今回のCREATER COLUMNでは、これまでに2,000以上のWeb制作を手掛けてきたプロフェショナルが、webサイト経由のお問い合わせ・見積もり依頼などを増やしていく際に効果的な取り組み/施策をご紹介します。
 
本日の記事で解説をするのは「問い合わせがあった時に検索キーワードを確認」「カスタマージャーニーを活用」の2つです。
どちらもホームページ経由の売上・成果を上げる時にとても有効です。ぜひご覧ください!
 
 

hp contents20170802_400.jpg

ホームページを作成する際に「どういったコンテンツを設けるべきなのか?」は、お客様からいただくご質問のなかでも断トツに多いです。
 
弊社は専門のホームページ制作会社として、これまで東京をはじめとした関東・関西地域の様々なサイト運用実績があり、web運用を行っていく上で「掲載すべきコンテンツ」や「閲覧者へ訴求力の高いコンテンツ」について研究を重ねております!
 
本日のクリエターコラムではサイト制作後、掲載内容をより充実させていくためのコンテンツ提案について掲載させていただきます。
 
 

marble-arch-homepage-top.jpg

弊社のホームページ制作実績について、ご紹介をします!
こちらは埼玉県所沢でパグ雑貨やオリジナルプリント雑貨を制作/販売されている、マーブルアーチカフェ様のwebサイトです。
 
物販サイトのため「買い物カゴ」が導入されており、サイト上から気に入った商品をすぐに購入することが可能で、愛犬家にはたまらないオリジナル商品が盛りだくさんです。
 
ホームページデザインは全体的にPOPな雰囲気で制作しており、TOPページメイン画像部分には2段式のjQueryを使用しています。
お店で取り扱っているアクセサリーやリース、オブジェ等のグッズが自然に流れるようになっています!
 
また「各種イベントへの出店情報」ページや「パグフェイクスイーツの誕生秘話/コラム」、愛犬グッズを普段の生活取り入れるコンセプトページ「I LOVE DOG STYLE」と、愛犬家の方が楽しめるコンテンツが多々あるwebサイトです!
 
 

ホームページ制作・運用時によくある誤解

question point top.jpg

今回のwebクリエイターコラムでは、ホームページ制作及びサイト運営の際、よくある誤解/誤認識について詳しく解説をしたいと思います。
 
ホームページから新規売上を上げる、高いアクセス数を得る、検索順位を上昇させるには「正しいweb制作と正しい更新運営」を行う必要があります。
 
間違ったやり方でいくら工数をかけても、大きな成果へと繋げることは困難といえます。
 
 

hpseisaku_20170727_400.jpg

エグゼクティブクリエイションではこれまでに様々な企業様のホームページ制作を手掛けてまいりました。
本日は当社のweb制作実績の一部についてご紹介いたします!
 
東京三ノ輪にある株式会社カノウ様は、ホームページ作成当初から掲載する情報量がとても充実したお客様です。
金型や精密機械加工、カバーガラス等に特化しており、キャッチコピーである「お客様の収益創造の為に全力を尽くします」という言葉は、社員全員の方が徹底し実施をされています。
 
 

 

web cotents Proposal top.jpg

エグゼクティブクリエイションでは東京都内を中心に「きめ細かなホームページ運営サポート」を行うため、定期訪問し様々なご提案を行っています!
 
今回のクリエイターコラムは”ホームページ制作会社ならではのコンテンツ充実化アイデア”の一部をご紹介したいと思います。
 
ホームページから反響を出していく上で、「コンテンツの充実化」はもはや必須項目といっても過言ではありません。
今後ホームページを制作するご予定のある方や、現在運用しているホームページから更なる成果を目指したいとお考えの方は、是非参考になさってください。
 
 

全盛期の勢いこそ収まりましたが、Facebookと同じく「普通にあるもの」として定着しているTwitter…。
恐らく、この記事を見ている方も何割かは実際にお使いだと思います。
中には、1万どころか10万ツイートを超えているようなヘビーユーザー様も恐らく…。
 
そんなTwitterですが、検索や画像表示などについて公式のガイドや説明を探してみても、あまり細かいことは書いていません。よくも悪くも機能説明については非常に大雑把という印象です。
そのような状況ですから、実際に使っていて「これはどうすれば???」といった経験はないでしょうか。
既出の話題を含みますが、「いまさら人に聞くのもなあ…」と思われがちなTwitterの機能についていくつかご紹介します。
 
 

20170719_400.jpg

只今、東京台東区の株式会社エグゼクティブクリエイションでは、ホームページ制作・運営サービスやインターネット営業支援を行うご案内担当/テレフォンアポインターさんを募集しております!
 
新規で「これからホームページを制作されたいお客様」や「自社サイトを強化し、新規集客へと結び付けていきたい」など、当社運営メディアへお問い合わせがあった際、ご案内をしていただきます。
また、テレマーケティング・テレフォンアポインターさんに関しましては、多様な業種の企業様へ「新規クライアント/お取引先を獲得するインターネット営業」のご提案や、企業様へご訪問するためのアポイントを取っていただきます。
 
 

homepage sell point top.jpg

新たにホームページの制作を進める会社様からよくご相談いただくのが「ホームページ上で何をアピールしていくべきなのか?」です。
 
「あまりアピールしたい内容が無いのですが…」といった方から「力を入れている内容がたくさんあるので決められない」まで、様々なお話をいただきます。
株式会社エグゼクティブクリエイションでは7年以上の間に、2千を超える会社や店舗様のホームページ制作/運用管理を行ってまいりましたが、その数多くの経験からお答えしますと「同業サイトと同じ分野で競うのではなく、他社とは違う点を推していくべき」と考えます。
その根拠について今回のCREATER COLUMNでは、詳しく解説をしたいと思います。
 
 

homepage create choice point top.jpg

複数の事業を展開している場合、「事業毎に特化したホームページ制作を行うか?」「一つのコーポレートwebサイト内へ集約させるべきか?」を迷われる会社様は多いかと思います。
 
どちらの方法をとるのが有効かは、各事業のコンテンツボリュームやSEO対策等によって、変わってまいります。
今回のクリエイターコラムは複数サイト運営と、1サイト集約型運営とのメリットの違いや注意点について執筆をいたします!
 
 

 

portal_site_400.jpg

エグゼクティブクリエイションでは、東京都を中心に様々な地域から新規web制作依頼をいただいております。
 
お問い合わせ時や打ち合わせの際、webサイト/SEO対策に関連した多様なご質問をいただきますが、今回のクリエイターブログでは「ホームページ制作会社が考える、ポータルサイトページとホームページとのメリット比較」について掲載をいたします!
 
弊社へご依頼くださるお客様の中には、自社ホームページではなく情報ポータルサイトのページを活用している方も多くいらっしゃいます。
 
情報ポータルサイト内のページ、制作したホームページを有効活用するためにも「双方のメリット」をよく理解する必要があります。
 
 

website--top.jpg

これからwebサイトを作成しようと検討される際、どのようにweb制作会社を探そうか?迷われると思います。
本日のCREATERコラムでは「専門のホームページ制作会社の選び方のポイント」として、東京都内でweb業者を探される時に有効な選定方法をご紹介します。
 
東京23区には1,000社以上サイト制作を行う会社があり、さらに一都三県の場合、その数は2,000を超えると言われています。
ホームページは「自社ブランディングやサービス認知度の向上」、新規売上を獲得することができる」効果的な媒体でどの業者へ依頼をするか?で、その成果は大きく変わってきます。
 
そのため、制作会社を選定する時には充分検討する必要があります。具体的にどういった点を注意すれば良いのか?選定する時にどのようなポイントがあるのか?を解説いたします。
 
 

writing-point-top.jpg

多くのWEB管理者の方から「よく毎日ブログやコラムを更新することができるね、ネタが無かったり更新する気になれない日とかはないの?」「どうすれば日々更新できますか?」とご相談をいただきます。
 
確かに打ち合わせやメイン業務等で多忙であったり、人間なのでどうしても気分がのらない日もあります。ですが「継続は力なり」です。何か理由をつけたり、言い訳をせずに実践し続けることは大切です。
本日のCreator COLUMNでは”継続的にブログやコラムをライティングし続けるためのポイント”についてお伝えします。
 
毎日記事を書き続けるには「やる気や理由に関係なく、書き始めることを意識」「ライティングを習慣化させる、書くのが当たり前にする」といった2つのポイントを意識しましょう!
 
 

kuno-dental-homepage-top.jpg

今回は株式会社エグゼクティブクリエイションの「ホームページ制作実績」の一部を掲載いたします。
 
弊社お客様の中でもトップクラスに「継続的に適正なサイト更新をされている愛知県常滑市の久野歯科医院様」のホームページについて掲載をします。
こちらの歯科医院様は古くからの当社ホームページサービスの大切なお客様、鳥居歯科医院様からのご紹介で、web制作/運営サポートをさせていただく事になりました。
 
久野歯科医院様は開院100年以上の歯科医院様で「子どもから大人までクオリティの高い矯正歯科治療」や「痛くない治療」を重視されており、近隣の常滑市や知多市だけでなく、遠方からも多数の患者さんがご来院されています。
 
院長先生にお会いすると、遠くから多くの患者さんが来られる理由が分かります。先生のお人柄と歯科治療に対する熱意が患者さんへ伝わり、「この先生に是非治療していただきたい!」と思われるのではないでしょうか。 久野歯科医院様のホームページの特徴に関しまして、詳しくご紹介をします。
 
 

local-seo-top.jpg

ホームページを制作した後、webからの集客を行う際「メイン検索キーワード+地域名」でSEO対策を行うことが効果的ですが、ではどのような施策を打つべきなのでしょうか?
具体的に制作ホームページに対し、施すべき内容やチェックポイントを掲載したいと思います。
 
今回のクリエイターコラムは、特に飲食店様や各種サロンなどの店舗、歯科医院様といった「地域に根ざした業種のホームページに大切な内容」となっています。近隣の対象地域名とサービス名での検索は多くのインターネットユーザーが行うため、実店舗への集客効果が非常に高いです。
 
 

seo basic plan top.jpg

よく「ホームページ制作後はSEO対策が大切」と耳にすすると思いますが、そもそも何故ホームページにSEOが必要なのでしょうか?
 
そして、SEO対策とはどういったものなのか?を今回のクリエイターブログでは掲載したいと思います。既に長年ホームページ運用を行っているWEBマスターの方には当たり前の記事かもしれませんが、再認識の意味で是非ご覧いただければ幸いです。
SEOの最もベースとなる対策も今回のブログではご紹介しております。
 
 

web制作会社の求人情報【東京台東区】

web create corporation recruit top.jpg

東京台東区浅草橋で企業のホームページ制作等をメイン事業とする、株式会社エグゼクティブクリエイションの新たな求人に関する告知です!
 
弊社ではweb制作業務の拡大につき、新たにwebクリエイター/webディレクター、テレマーケティングを行うアポインターの三職種の募集を行っています。
 
web制作会社でのお仕事を探されている方は、是非ご覧いただければと思います。
 
 

homepage-create-company-goodpoint-top.jpg

BingやGoogleといった大手検索サイトの検索窓で「ホームページ制作会社」と調べると、サジェストキーワード・関連キーワードとして「ホームページ制作会社 評判」や「おすすめ」が表示されるほど、web制作会社を探すインターネットユーザーが評判やお勧めを気にされている事がよく分かります。
 
では、こういったweb制作に対応する企業の評判は、何によって決まるのでしょうか?これまでの制作実績数で判断するのでしょうか?対応の良さや制作サイトのクオリティ面でしょうか?
 
エグゼクティブクリエイションではこういった制作会社の評判は「サイト経由のお問い合わせやご依頼数等の最終成果」と「何か困ったことがあった時に問い合わせをした際の対応」によって決まると考えます。
 
 

web制作とは会社へ営業マンを入れること

homepage-mtg-katsusihka-area-top.jpg

web制作とは、ただ単純にホームページを作ることではなく、「会社へ新たな営業マンを入れるのと同じ」と考えます。またホームページの更新運営は、「営業マンを一人前へと育成していく」ようなものです。
 
web制作をしただけの状態ではサイトはインターネット上の会社案内パンフレットと同じですが、正しく運用やSEO対策、分析/改善を行っていくことで新規集客へ繋がる有効な媒体になります。
 
今回のクリエイターblogでは「web制作について」考えます。
 
 

seo strong company top.jpg

東京近郊には数多くのホームページ制作会社があり、その数は1000社以上と言われています。ホームページを作ること自体はクオリティに差はあるものの、どのweb制作会社へ依頼をしてもある程度のサイトを作る事ができます。
 
しかし制作会社によって明確に差が出るのは、その後のSEO対策です。
SEOの良し悪しで、制作ホームページがどれぐらい多くの方へ見てもらえるのかと、最終的なコンバージョン率が変わってきます。
 
制作はweb制作会社へ依頼し、検索順位対策は専門のSEO会社へ依頼される方もいらっしゃいますが、ベストは「初期制作からその後の運用、SEOまでワンストップで可能な会社」へ委託することではないでしょうか。その方が事業の強みやメインターゲット等に関する内容を各会社へ伝達する手間もなく、初期段階からSEO対策を加味したサイト構築をすることができます。
 
 

top visual 5point top.jpg

新規でホームページ制作を行う際、最初に”トップページのデザイン・レイアウトをどうするか?”迷われるのではないでしょうか。今回のCreater BlogではホームページページTOPの検討時のポイントについて、掲載したいと思います。
 
「メインターゲット層を意識する」「既存取引先向けか?新規ユーザ向けか?」「何を一番伝えたいサイトなのか?」「コンテンツありきのホームページ制作時ポイント「TOPページへどこまでの内容を掲載するか?」の5つのポイントを解説いたします。
これからTOPデザインの制作を進める方や、現在TOPデザインを検討されている方に役立つ内容となっています!
 
 

kyujin_hp_400.jpg

おかげさまで当社webサイト経由で東京周辺地域を中心に多数のお問い合わせをいただき、2016年は500社を超える新規web制作・リニューアルに関するご相談を頂戴しました!
 
新たにサイトを作りたい、デザインリニューアルをしたい、今よりも集客率を上げたいなど、様々なお問い合わせがある中で最近特に多いのが「求人採用に力を入れたい!」といったご相談です。
 
エグゼクティブクリエイションでは、これまでに求人専用のサイトを多数手掛けてまいりましたが、とてもおすすめです。
今回のクリエイターBlogでは”専門のホームページ制作会社おすすめの求人サイト制作について”のメリットをご紹介したいと思います。
 
 

Web制作運営についてのQ&A/その13

web create qanda 13contents top.jpg

ホームページ作成・運営・反響UP対策などに関しまして、「お客様よりよくいただく質問内容とそれに対する弊社の回答を掲載するQ&Aのコーナ」も今回で13回目となりました。
 
当社ホームページサービスのお客様から頂戴する多数のご質問の中から特に最近多い内容や、多くのwebマスター(ホームページ管理者)の方に役立つ内容を選別し、ご紹介したいと思います。
 
今回はブログ運営とSEOに関する2つの内容で「SEO上の優位性を重視したブログ記事のボリューム」と「アメーバブログ等、外部ブログからのWebサイトへのリンクはSEO上有効か?について、分かりやすく解説をいたします!
 
 

ホームページ制作体制の違いについて

HP Create System_top.jpg

専門のweb制作会社へホームページの作成を依頼した際、実は大きく「2つの制作体制」に分かれます。1つが「完全内製型」、もう一つが「外注まとめ型」です。
 
こちらに関しましては通常、依頼をするホームページ制作会社へ直接尋ねないと分からない内容かと思います。それぞれの制作体制にはメリット・デメリットがあるため、今回は分かりやすく解説をいたします!
 
 

blog writting important top.jpg

こちらのクリエイターブログにて、以前4回に渡り「効果的なwebライティングのコツ」を掲載してまいりましたが、今回はその続きとしてライティング時の11のポイントを掲載します!
 
動画の活用」「ユーザーの生の声を紹介」「比較表の掲載」「ストーリー仕立てで、ライティング」「ユーザーファーストの視点でライティング」「伝えたいことを3つの根拠で「ライティング後、ゼロベースで再検討」「他者からの意見をコンテンツへ反映」「結論から根拠といった順で掲載」「掲載内容に関する数値的根拠を」「論より証拠」について、詳しくご覧いただけます。
 
 
まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)