東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ クリエイターブログ
CompanyWebsite createContact

WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。 エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページを活用し 売上・成果を上げる方法満載

ホームページへのSEO対策についての最近のブログ記事

新規ホームぺージ制作時や修正更新などを行う際、HTMLは切っても切れないもので、「HTMLタグ」はよく使うものから、そうでもないものまで大量のタグが存在をしています。
 
HTMLのバージョンが重なっていく中で、明確に役割を持ったもの、他のタグに役割が被ってなくなる予定のもの、よく似ているけれど意味が異なるものなど、様々なタグがあります。
 
今回は少しこちらの「HTMLタグ」について詳しく触れてみたいと思います!
 

WEB制作時に有効な17のSEO/その2

seo important point top.jpg

昨日のブログ記事の続きとして、Web制作段階・サイト公開後に有効な17のSEO対策の内、残り7の施策を詳しく解説します。
 
「ボールド・ストロングの使用」「直帰率の改善」「SEOキーワード含有率」「関連キーワードを意識したブログライティング」「ユーザーファーストの視点」「ホワイトハットSEOを重視」など今回もSEO上、効果的な施策を多数掲載しています。
 
こちらの対策を1つでも多く実行する事が反響あるwebサイト運用に大切です。
 
 

【SEO対策】web制作後に行うべき17のSEO/その1

seo 17point top.jpg

webサイト制作時や公開後に行うべきSEO(検索エンジン最適化)には多数の対策があります。その中でも特に有効な17の対策をご紹介します。
 
ご紹介内容が多いため、2回にわたり掲載をします。
今回はSEOの基本として「ページタイトルやタイトルタグへの検索キーワードの挿入」「meta descriptionの設定」「Googleサーチコンソールの登録」「内部リンクの設定」など10のSEO対策について、解説したいと思います。
 
各対策ごとに「SEO上の優位性ランク」として1~3の指標を設けており、ランク3はまずWeb制作時に行っておくべき内容となっています。
 
 

capture-owl-top.jpg

プロジェクトアウル」と呼ばれるアルゴリズムのアップデートが実施された旨、2017年4月26日(水)に「Googleウェブマスター向け公式ブログ」内で公表されました。
 
今回のアップデートは簡単にいうと、低品質で悪意のある情報「フェイクニュース(偽のニュース)」への対処がメインで、同時にGoogle検索窓に表示されるオートコンプリートから「不適切な予測の報告」ができるフィードバック機能も実装されました。
 
年々、CMSやブログ・SNS等、HTMLの専門知識がなくても容易にネット上へ情報を発信できるようになっています。
その反面、それを利用し明らかに悪意のある内容や攻撃的な情報、事実とは異なる内容が拡散され、多くの人々へマイナスな影響を与えてしまうことが問題となっています。
 
これに対応すべく不適切な情報を配信するwebサイトのランキングを下げることで改善へと向かい、信憑性が高くユーザーに役立つコンテンツがユーザーの目にとまりやすくなると考え導入に至りました。
 
フェイクニュース等は検索結果上に表示される「強調スニペット」やユーザーの利便性を上げる「オートコンプリート」にも影響を与えるため、今回併せてフィードバック機能も追加し、今後のアルゴリズム改善に役立てていくとしています。
 
 

seo analytics top.jpg

2017年2月3日(金)にGoogle検索がウェブマスター向けの公式ブログ内でアルゴリズム(Google検索エンジンのランキングを決める理論)のアップデートを発表しました。
 
既にアップデートは検索エンジンで展開されており「今後、ユーザーに役立つコンテンツの掲載よりも、検索結果の上位表示を目的とした低品質なWebサイトの順位が低下し、オリジナルで信頼性の高いコンテンツを持つ高品質なサイトが更にランキング上位へ表示される」といった内容です。
 
今回のアップデートは日本語検索独自のアップデートで、先日大きく話題となった「キュレーションサイト」の炎上問題への対応であると考えられます。一部のキュレーションサイトで、検索ランキングを上げることを重視した、信憑性に欠ける低品質なコンテンツが多数掲載されていることが分かり、インターネット上で瞬く間に批判が広まり、大手企業の運営サイトが閉鎖となるまでの事態になりました。
 
しかしこれはキュレーションサイトだけでなく、通常のWebサイト・ホームページにおいても「SEOを目的とした低品質なコンテンツを多数有する場合、ランキングが低下するリスクがあります。
今回のGoogleアップデートによって、自社運営サイトの順位が落ちないようにするために行うべき対策を掲載したいと思います。
 

 

20170105_top01.jpg

SEO対策は定期的に「有効な施策が少しずつ変化」をしていきます。
HP制作後にまず行うべき3つの対策をご紹介いたします。
現在こちらの試作ができていないようであれば、是非HPへと反映しましょう!
 

皆様がホームページを制作するにあたって、キレイに見せたい見出しというものは画像で作ることが多いと思います。
でも、画像で書かれた文字だけでは、閲覧や運用に問題が出ることもあります。

今回は画像・文字の関係と、解決法のひとつとしてWEBフォントについてご紹介します。

>詳しくはこちら

 
前回のブログ記事では「歯科医院様向けのサイト作成」に関しご紹介をしました。

今回はその続きとして、内科や心療内科・呼吸器科・循環器科・消化器科などの医療機関様、健康診断や人間ドック等を行う健診センター様向けのサイト作成・運営について詳しく掲載いたします。
 

皆様、「キュレーションメディア」と言うものをご存知でしょうか。簡単に言うと、「既出の情報を一定のコンセプトに沿ってまとめ上げ、再編集することで価値をつける」メディアのことを指します。
有名なところでは「NEVERまとめ」、「グノシー」や「スマートニュース」の知名度が高そうですね。
 
さて、このたびDeNAが運営を始めた医療系キュレーションメディアサイト「WELQ」が大炎上の末に、同社が運営する同タイプのサイトを巻き添えにしてまとめて非公開となった上、最終的にDeNAの公式Twitterアカウントが削除されるというこれまでにない事態に発展しています。
 
一体何が起きたのか、紐解いてみたいと思います。
 
 

tablet top.jpg

ホームページ公開後に行う検索対策について、今回はチェックポイントの4となります。

 
SEO対策には内部対策と外部対策とがありますが、今日は「外部対策」としてWEBサイトへの「外部リンクの追加」に関し、解説をいたします。
 

good contents top.jpg

ホームページへのSEO対策チェックポイントの3回目です。今回はSEO対策としてだけでなく、反響あるサイト運営に必須な「良質なコンテンツとは?」を解説したいと思います。
 
こちらのブログでも何度か、ホームページ制作時・制作後の「良質コンテンツの掲載が重要」と載せてきましたが、ではどういった内容が良質なコンテンツとなるか?を詳しく記載します。
 

in link top.jpg

前回に続き「WEBサイトへの検索対策について」解説をします。
専門のホームページ制作会社へ依頼した場合、通常 問題無く設定をしてくれますが、もしサイト公開時・運用の際にされていないようであれば依頼をしましょう。SEOの内容によっては、行われていないケースもあります。
 
今回は「内部リンクの集中と検索キーワードの含有率」に関する内容となります。
 

seo point top.jpg

WEBサイト作成後、多くの会社・ホームページが希望する検索キーワードでの順位アップを目指します。
その「検索順位を上げるSEO対策のチェックポイント」についてご紹介をします。
 
今回はホームページの「タイトル設定」と「meta description設定」に関する内容です。
 

mobile index top.jpg

Googleが今後、モバイル用の検索インデックスをメインで導入する予定と先日、発表をしました。
これによってホームページ制作後のSEO対策等はPCサイトだけでなく、スマートフォンサイトも重視し制作を行った方がより有効となりました。
 
 

rabel top.jpg

今回もホームページ制作後のSEO対策に関する話題です。
先日から話題になっている「Googleのリンクのラベル分け」について詳しく解説をしたいと思います。
 
被リンクは「どういったサイトからのリンクなのか」だけでなく、「基サイトのどの部分から貼られたリンクなのか」も評価をしています。
 
tpengin.jpgそろそろ開始されるのではないか?と言われていた「ペンギンアップデート4.0」がついに始まりました。
ペンギンアップデートについては、以前から何度かブログでご紹介してきましたが簡単に再度記載をします。
 
今回の「ペンギンアップデート4.0の影響」や「質の低い被リンクによってホームページの検索順位が低下した際の対処法」を掲載しております。
 
trankbrain.jpg
今回はホームページ制作時に行う具体的なSEO対策ではなく、Googleが検索順位を決めるプログラムの一つ"RankBrain(ランクブレイン)"について、分かりやすく解説をします。
ランクブレインという言葉は普段聞きなれないかもしれませんが、既に2015年はじめごろからGoogle検索へ導入されています。

以前、Googleが検索結果の順位を決める際のアルゴリズム・理論で「良質なコンテンツ」と「良質な被リンク」の2つが重要視されているとご紹介をしました。
こちら以外に検索順位を決める数百の検索要素の中でも"3番目に重要な要素"と言われています。
area Search t.jpg
ホームページ制作やSEOについて、よくいただくご質問とその回答についてのご紹介です。
今回は「同じキーワードでも、検索をする場所で検索結果は異なるのか?」といったご質問です。

"歯医者"というキーワードで検索した際、「東京で調べた時」と「大阪で調べた時」とでは検索結果は異なります。
東京で調べた時は検索結果に、東京にある歯科医院のホームページが上位表示されます。同様に大阪で調べた際は大阪の歯科サイトが表示されます。
これはGoogleのベニスアップデートといったアルゴリズムが大きく影響しています。

t penaruti.jpg
ホームページ作成時や公開後の検索対策により、Googleよりペナルティを受け、検索結果より除外されたり、大きく検索順位を下げられてしまう可能性のある内容について今回はご紹介します。

「ホームページへの掲載内容、内部対策時の注意点」として
・検索キーワードを過度に挿入
・複数の地域キーワードの羅列
・隠し文字の掲載
・コピーコンテンツの掲載
・一部分のみを変え作られた多量のページ
・ページタイトル・サイト紹介文と掲載内容の相違

「ホームページへの外部対策の注意点」として
・無関係な多数のサイトとのリンク
・質の低い多数のブログ等からの被リンク
について詳しく掲載をしております。またGoogleよりペナルティを受けていないかのチェック方法も記載しておりますため、ご覧下さい。

t midashi1.jpg
ホームページ作成・更新を行う際に重要な「見出しタグ」ホームページへのSEOに関係する「被リンク」について解説します。

「見出しタグ」はページ内コンテンツの各タイトル部分へ記述し、ホームページを構成するHTMLプログラムの記述の一つです。
見出しタグを付けた部分の文言は、他部分よりも目立つ見た目で表示され、ページを見た際の区切りやタイトル部分がわかりやすくなります。
また検索エンジンがページを巡回する時も見出しタグが付いている部分を重要視し、適切に設定をすることでSEO上の効果もあります。
h1やh2、h3、h4と続き、数字が低いタグの方が重視されます。タグの付け方にもポイントがあるため、ホームページ作成時やページ更新の際、ルールに従って設定しましょう。

今回はSEOと「被リンク」についても解説をしています。
被リンクとは自社サイト以外のホームページやSNS、ブログ等からリンクを張られることで、こちらも適切な被リンクによって検索優位性があります。そして「適切な被リンク」とはどういったものかも、詳しくご説明しております。

また新たにホームページを作成し、公開したばかりの時には認知度が低く、まだサイトへのアクセス導線も無いため、外部からのリンクを確保することは有効です。検索エンジンに対し、ホームページを巡回してもらうための誘導の意味でも効果的です。
よくある「外部リンクが複数あることで、検索順位が上がるのか?」のご質問に対する回答も掲載しております。

ホームページ運営を成功させるためのポイント4:見出しタグと被リンクについて 詳しくはこちらより

t pengin.png
エグゼクティブクリエイション ホームページ作成運用チームです。前回まで、ホームページのアクセス数・新規お問い合わせ数を増やしていく上で「サイト更新やSEOが重要」で、そしてホームページ更新・SEOには「コンテンツ内容が良質であること」が大切ですと掲載しました。

今回は逆に今後SEOとして行うべきではない「注意すべき対策」についてご紹介します。
まず知っておくべきなのが「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」といった検索エンジンのバージョンアップに関してです。

パンダアップデートとは?
内容が薄く、品質の低いホームページ掲載内容・コンテンツの検索順位を下げるといった理論のアップデートで、ユーザーにとって価値の低いコンテンツの順位を下げることによって「本来質が高く閲覧されるべきホームページ」が上位へと表示されるようになりました。
では質の低いコンテンツ・掲載内容とはどういったものなのか?も掲載しております。
またパンダアップデートは「良質なコンテンツや掲載内容を評価するといった特徴」もあります。

ペンギンアップデートとは?
ユーザーにとって、快適に使用できるユーザービリティを考慮したサイトを評価するもので、また故意に検索上位を上げることを目的とした不正な検索対策を行っているサイトの順位を下げるといった特徴があります。
具体的にどういった施策がペナルティを受け、検索結果から排除されたり、順位を大きく下げられるリスクがあるのかもご紹介いたします。
以前こういった施策は複数のキーワード・地域名で検索結果へ表示されていましたが、現在ではペンギンアップデートによって「逆に順位低下のリスク」があるため、他サイトでこういった不自然な掲載方法を見つけても行わないよう注意しましょう。


まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00~18:00(土日・祝祭日除く)
東京台東区のホームページ制作会社/株式会社エグゼクティブクリエイション
〒111-0052 東京都台東区柳橋2-5-6 TOMビル3F
TEL: 03-5839-2512 / FAX: 03-5839-2513