東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ クリエイターブログ
CompanyWebsite createContact

WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。 エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページを活用し 売上・成果を上げる方法満載

成功するwebデザインオーダー・配色パターン

新たに自社サイト制作を発注する際、”どのような雰囲気のデザインやカラーリングをオーダーするか?”迷われるのではないでしょうか。
 
実はサイト制作時のデザインオーダー/カラーリングは、最終的なサイトの仕上がり/クオリティへ大きな影響を与えます。これまでに2,000サイト以上のwebを作成してきた中で「こういったデザインオーダー、配色依頼をすると出来が良くなるお勧めパターン」をご紹介します。
 
 
その制作会社のクリエイターが得意とするデザインや色合いの要因も勿論ありますが、比較的良いデザインに仕上がるデザインパターン・色合いとして、参考にしていただければと思います。また”各デザインの依頼時にあわせて、ディレクターさんへ伝えた方が良いポイント”も詳しく記載いたします。
 
website-design-order-many-point.jpg
 

webデザイン発注時にお勧めのオーダー/カラーリングをご紹介!

今回は大まかにwebサイトの雰囲気・色合いの種類、そして”それぞれの効果と特徴、注意点”について解説します。後々「別の雰囲気やカラーでオーダーすれば良かった…」のような後悔のないよう、オーダーをする内容について、予めよく検討しておきましょう。
 
作成するサイトのデザインとカラーリングを決定する際、抑えたいポイントは「自社の業界や業務内容にマッチしているか?」「メインターゲット層に対し、ささりやすいデザインか?」「閲覧者へどういったイメージを持ってほしいか?」です。こういった視点で考え、制作業者へ発注をすることでブレのないサイトを作ることができます。
 
 
デザインへ大きな影響のあるカラーリングは「メインカラー」「サブカラー」「アクセントカラー」の組み合わせとその色合いが占めるボリュームにより、与える印象が変わってきます。また、あわせて文字フォントをどのようなものにするか?も大切なポイントです。
 
では早速、各デザインパターンや配色について解説をします!
 
 
 

高級感あるwebデザインにしたい:黒・紺・金色・シルバーなど

「高級感のあるデザインオーダー」は、爽やか系のデザインの次によくいただくご要望です。ブランディング重視のサイト制作に適したデザインで、webデザインの中でも比較的に作りやすく、最終的な仕上がりとしてうまくいきやすいオーダーといえます。
 
 
一言に「高級感がある」と言っても様々で、シックな雰囲気や信頼度が高い、上品など「どのような高級感を持たせたいか?」が大切です。シックなデザインを重視するのであれば、グレーやシルバーを多めに使用し、上品なデザインに重きをおく場合は黒みがかった紺色やワインレッドをよく使います。このような高級感は高級感の中でもダーク目な高級感で、逆に「明るい高級感」も存在します。
 
黄色がかった金色が正にそうで、明度の高いゴールドは明るい高級感になりやすく、豪華な雰囲気にしたい時に有効です。
 
 
また高級感を重視した発注をする際、大理石調のテクスチャーの使用を依頼すると重厚なイメージになるのでオススメです。
 
 

爽やかなデザインにしたい:ブルー・グリーンなど

こちらは幅広い年代に好印象で、多様な職種からご依頼をいただきます。ターゲットユーザーが個人で、若者から年配の方まで対象となるサイト制作時にお勧めのwebデザインです。
王道の見せ方ではありますが、メインビジュアル部分へ空や草原、森林、海や池など自然の画像を入れると、とてもマッチします。
 
「柔らかく家族的なイメージを持たせたい」場合は、うすい色合いで朱色やピンク、ベージュ色がソフトな見た目になるのでお勧めです。
ただ全体的にボケた印象にならないよう、アクセントカラーを効果的に使用するのがポイントです。またリンクボタンの形を角丸にすると、より柔らかく親しみやすい印象となります。手書き風の書体やかすれた加工を取り入れるのもお勧めで、一気に親近感が湧きます。
 
 
 

元気で活発なイメージにしたい:オレンジ色・レッド・イエローなど

こちらは「POPなwebサイトを作りたい」「新商品やイベントをアピールしたい/新サービスサイトの認知度を上げたい」時に効果的なオーダーで、蛍光のイエローやオレンジ色、原色のグリーン等を用いることでワクワクした雰囲気のデザインとなります。
 
濃い目の青色とグリーンやレッドは活発な色合いで、前向きなビジュアルになりやすく配色的に有効です。
 
 
各コンテンツのコンストラクトを強めにすると、訴求力が高まり、「強い」印象を与えます。黄色に黒や、オレンジ色に黒の配色は警戒色となり、工事現場の標識等でよく使われているカラーリングのため、注意しましょう。ユーザーの目を引いたり、エネルギッシュなイメージとなります。敢えてこちらの配色を使うのも手です。
 
 

落ち着いた雰囲気にしたい:茶色系・モスグリーン・グレー・パープルなど

環境調査系のWebサイトや自治体のホームページ等でよくご依頼いただくのが「落ち着いた雰囲気のデザイン」で、色合いとしてはモスグリーンや彩度を抑えた紫、茶色でお作りすることが多いです。
 
野菜やフルーツに関するサイトなど、食品関係の業種でもグリーンはよくマッチします。ただグリーンでもライトグリーンではなく、濃い目の色合いのグリーンを使用する場合、サブカラーも濃いイエローや赤を配色してしまうと派手なイメージになりがちです。
 
また教育機関、高校や大学のサイト作成を行う際にも落ち着いた雰囲気のデザインをご要望いただきます。明度や彩度を抑えた青色・緑色は落ち着いた印象、説得力のある雰囲気を出すのに効果的です。
 
 
 

清潔感のあるwebデザインにしたい:白・ブルー・ライトグリーンなど

清潔感のあるデザインは医療機関様のサイトに最適で、白グラデーションを取り入れたブルー/グリーンは清潔感を演出する際に適しています。医療系のwebサイト制作時に、もっともスタンダードな見せ方です。
 
背景色やサブカラーとしてホワイトを使うと、クリーンな印象になりやすいのでお勧めです。
 
 
 

モダンなデザインイメージにしたい:白・グレー・蛍光色

近年増えている「フラット系のデザイン」はモダンな印象を与え、各コンテンツの内容や文字も読みやすく、javaスクリプトを使ったダイナミックなモーションとも相性の良い見せ方です。
 
他にもモダンな印象にするには、英字体を使用したり、敢えて何も配置しない空間を効果的に取り入れスッキリとした印象にするのもお勧めです。コンテンツ部分はサッパリとしたシャープな見せ方にし、メインビジュアルは横幅に対し目一杯に1枚画像を配置する手法も、現在流行りの見せ方です。全体的にシンプルながらもjQueryを実装することで、お洒落で凝った今風のイメージになります。
 
また各コンテンツを中央揃え等、整列して置くのも最近のwebデザインの特徴です。関連する要素を近づけて配置し、次の要素まで間を持たせ、敢えて空間を設けることで見やすく分かりやすいページになります。
 
 
いかがでしたでしょうか?今回のクリエイターコラムは、クリエイターの主観が結構入ってはいますが長年のデザイン経験に基づくポイントとしてご紹介しました。良いwebデザインは、良い発注方法を」検討されるのをお勧めします。
 
オーダーする内容によって、クリエイターの作りやすさが大きく変わってきます。もし求める雰囲気に合わないカラーリングを指定してしまうと、ちぐはぐなデザインになりやすく制作者は苦戦します。
 
ですが、雰囲気とマッチした色合い、制作時のポイントを指示することで、格段にクリエイターが作りやすくなります。そして、その分の時間を最終的なデザイン調整/テコ入れへ充てることができるため、結果として優れたwebデザインへ仕上がります。
 
---------------------------------------------------------------

成果を上げるwebデザイン等のご相談は

エグゼクティブクリエイションへ!

---------------------------------------------------------------
 
TEL:   03-5839-2512
FAX: 03-5839-2513
topshitabana03.jpg
------------------------------------------------
 

 

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00~18:00(土日・祝祭日除く)
東京台東区のホームページ制作会社/株式会社エグゼクティブクリエイション
〒111-0052 東京都台東区柳橋2-5-6 TOMビル3F
TEL: 03-5839-2512 / FAX: 03-5839-2513