東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ クリエイターブログ
CompanyWebsite createContact

WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。 エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページを活用し 売上・成果を上げる方法満載

ホームページ制作後、地域キーワードで上位表示させるには?

ホームページを制作した後、webからの集客を行う際「メイン検索キーワード+地域名」でSEO対策を行うことが効果的ですが、ではどのような施策を打つべきなのでしょうか?
 
具体的に制作ホームページに対し、施すべき内容やチェックポイントを掲載したいと思います。
 
今回のクリエイターコラムは、特に飲食店様や各種サロンなどの店舗、歯科医院様といった地域に根ざした業種のホームページに大切な内容となっています。
近隣の対象地域名とサービス名での検索は多くのインターネットユーザーが行うため、実店舗への集客効果は非常に高いです。
 
 
local-seo.jpg
 

ホームページ制作後、いかに地域検索で上げていくか

店舗・サロンの運営者様やwebマスターの方の多くが実店舗の認知度を上げる店舗へ来てもらえることを目的としホームページ制作をしますが、ただサイトを作成し、看板やホットペッパーなどのフリーペーパーへサイトURLを掲載するだけではアクセスは低く、満足のいく効果を得ることは困難です。
 
そのため、紙媒体との連携だけでなくホームページ単体でも「閲覧されるための仕組み」を設ける必要があります。
 
その露出を増やす手段の一つがSEO対策(検索エンジン最適化)で、サービス名のみのキーワード検索では全国エリアが対象となってしまうため、多くのインターネットユーザーはメインワードに自分が住んでいる場所や職場の近くの「地域名」を追加し、調べます。
 
 
近年検索時に地域名を入れて調べなかった場合、その端末が現在ある位置情報を加味し、近くの店舗が表示されるようにローカライズされています。これは恐らくPCよりもスマートフォン端末やタブレット端末といった移動型の端末を使用するインターネットユーザーが増えたことで、アルゴリズムもそれに対応させたと考えます。
 
しかし、それでもこのローカライズの表示も万全ではないため、多くのユーザーは地域名を入れて検索しています。この「検索キーワード+地域名」、ローカルキーワード検索で上位表示されるための施策として行うべき事をご紹介します。
 
 
 

ページ内に実店舗の住所を明確にtextで記載する

グーグルはその実店舗のロケーションを何で判断するか?というと、やはりホームページ内に記載の店舗情報やアクセスマップ等の住所からです。
 
検索エンジンに対し、正確に「実店舗の場所はここです!」と伝えなければなりません。なので、できるだけ分かりやすい場所へ店舗の住所を掲載しましょう。具体的にはページ上部のヘッダーやサイドメニュー、フッター等へアクセスマップと共に載せると効果的です。
 
これはGoogle等検索エンジンに対してだけでなく、サイト訪問者に対しても有効で、お店を探すユーザーはホームページを開いて早い段階で「実店舗の場所がどこなのか?」「行きやすい場所なのか?駅から近いのか?」などを確認するため、目立つ場所に住所やアクセスマップを載せると良いでしょう。
 
また、店舗名や電話番号の記載、予約フォームも一緒に配置した方が良く、すぐに電話予約や問い合わせができるよう配慮することが大切です。
住所等の情報をホームページ内に記載する時に注意点があります。検索エンジンが文字を認識しやすいよう、フォトショップ等の画像文字ではなく、テキスト形式で記載をすべきです。
 
 
 

住所の記載は正確に行うこと

よく住所の記載が途中からになっているのを見かけますが、正確に都道府県から記載をしましょう。
 
例:台東区柳橋2-5-6 → 東京都台東区柳橋2-5-6
 
略して、都道府県から正確に記載をしていないと、正しく検索エンジンに住所を認知してもらえない可能性があります。
 
また地域名を入れずに検索した際、ユーザーの位置情報に関連する情報・webサイトを表示するローカライズの際も正しく表示されないリスクもあります。
 
 
 

ホームページ制作時にタイトルタグやh1〜h5等のhタグに地域名を入れる

こちらは特にホームページの初期制作段階で行っておくべき内容で、検索エンジンへ正しく位置情報を伝えるために有効です。HTMLソース内の「titleタグやhタグ」に店舗のある地域名を必ず入れましょう。
 
例:東京台東区のホームページ制作会社 エグゼクティブクリエイション
 
またタイトルやhタグ以外にも、ホームページの掲載コンテンツ内に実店舗に関する情報/住所等を多めに、複数回載せた方が有効と考えます。
 
「住所・地域名」でのSEO上の優位性を高めるため、店舗へいらっしゃる「お客様からの声」にあわせて、下記例のように地域名も記載するのも良いでしょう。
 
例:台東区三ノ輪からご来店のA様/〇〇のご依頼で来店
 
 
 

Googleマイビジネスを登録する

Googleが無償提供している「Googleマイビジネス」へ登録することは、非常にローカルSEO対策で重要です。Googleのマップ検索結果に対する上位対策、MEO対策を行う上で有効です。
 
 
場合によっては、通常のオーガニック検索枠とマップ検索枠の両方へ上位表示されることもあるため、ぜひ登録をしましょう。
 
マイビジネスの管理画面から営業時間や住所、店舗名等の情報を入力するだけで容易に登録することが可能で、実店舗やサービスに関する写真も複数枚掲載できます。
できるだけ充実したマイビジネスページとなるように掲載する事をお勧めします。
 
特に住所に関する情報はホームページ掲載時と同様に、「略して入力せず、正式な住所」を必ず載せましょう。
 
 
---------------------------------------------------------------

ホームページ制作をこれから行うなら

エグゼクティブクリエイションへ!
---------------------------------------------------------------
◇webサイト制作・運営に関する
 ご相談はコチラからどうぞ
TEL:   03-5839-2512
FAX: 03-5839-2513
topshitabana03.jpg
------------------------------------------------
 

 

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)