東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ クリエイターブログ
CompanyWebsite createContact

WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。 エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページを活用し 売上・成果を上げる方法満載

Web制作運営についてのQ&A/その13

ホームページ作成・運営・反響UP対策などに関しまして、お客様よりよくいただくご質問内容とそれに対する弊社の回答を掲載するQ&Aのコーナも今回で13回目となりました。
 
当社ホームページサービスのお客様から頂戴する多数のご質問の中から特に最近多い内容や、多くのwebマスター(ホームページ管理者)の方に役立つ内容を選別し、ご紹介したいと思います。
 
 
今回はブログ運営とSEOに関する2つの内容で「SEO上の優位性を重視したブログ記事のボリューム」と「アメーバブログ等、外部ブログからのWebサイトへのリンクはSEO上有効か?について、分かりやすく解説をいたします。
 
 
web create qanda 13contents.jpg
 

Web制作・運営に関するよくある質問とその回答〜その13〜

SEO上の優位性を重視した、ブログ更新ボリュームについて

ホームページへのSEO強化の一環として、Webサイト内に設置のBlogを更新する会社が増えていますが、こちらのブログ更新内容や更新の仕方についてのご質問をよくいただきます。
 
中でも特に多いのが「1記事につき、どれぐらいのボリューム(文字数)をライティングしたら良いか?」です。
 
 
多くの方は書けば書くほど良いと考えている事が多いようですが、「多くライティングした方がSEO上の優位性が高まるだろう」と無理をして長文にすると全体的内容が薄くなったり、本来ユーザーへ伝えたい事柄が伝わりにくくなるため、注意しなければなりません。
 
また逆にコンテンツ内容が少なすぎてしまうと、「伝えたいことの根拠や説得力」が弱くなってしまいます。ある程度の内容の深堀りやメイン内容に付随する事柄の記載も必要だと考えます。
SEOへの影響ではなく、そのコンテンツを読むユーザーに対する訴求力として掲載内容のボリュームは必要です。
 
 
様々なサイト(会社ブログや個人ブログ等)の掲載文字数を見ると、300文字から400文字程度が多いように思います。エグゼクティブクリエイションが考える、ユーザーへの訴求力とSEO対策として、有効なボリュームの一つの基準は「1,000文字」としています。
 
1,000文字ぐらいをライティングしようとすると、伝えたい内容の根拠やロジックについて書く必要があり、閲覧者への説得力も高まります。そして検索キーワードの挿入も1,000文字に対してであれば「キーワードの詰め込み過ぎ」のリスクも低いため、適正ボリュームであると考えます。
 
 
では1,000文字以上のライティングはどうか?と言うと、1,000文字では収まりきれない「適正な伝えたい内容」が多くあるのなら、掲載をしても問題ありません。
 
本来1,000文字で終わる内容にも係わらず、あまり関係のない文面を追加し、メインでラインティングしたい内容がブレてしまうようであれば避けた方が良いでしょう。
 
 
もちろん「良質な内容」で2,000字のコンテンツであれば、1,000字の場合よりも有効となります。ユーザー満足度が高く、Google検索エンジンからの評価も高い内容であれば、2000ではなく、3000、4000文字のコンテンツの方がより良く、SEO対策としても効果的です。
 
 
 

アメーバブログ等、外部ブログからのWebサイトへのリンクはSEO上有効か?

WordpressやMovabletype等を利用したホームページブログではなく、アメーバブログ等の外部サービスのブログを活用されている方も多いのではないでしょうか。
 
そして、外部ブログサービス利用者の方からよくご相談いただく内容が「アメブロ等の記事からホームページへリンクを張ることはSEO対策上、効果があるのか?」です。
 
 
外部ブログからの被リンクはSEO上の効果がありますが、注意しなければならない点もあります。
ただWebサイトへの外部被リンク数を増加させる目的やSEO目的で、運営をしている掲載内容の薄いブログから継続的に多数のリンクを張ることは、ホームページに対しペナルティ等のマイナスの影響を及ぼす可能性があるので避けましょう。
 
開設したてのブログから自社Webサイトへリンクを張り続けるのも、無効果orマイナス評価をされるリスクがあります。
 
 
そうではなく、普段から他者が興味を持つような、多くの人間に役立つような適正なブログ記事をライティングしているブログ内で紹介をされてこそ、SEO効果はあります。
そのため、リンク元のブログ自体の評価もSEO効果に係わります。
 
本来有効な被リンクは「ホームページに掲載されているコンテンツが良質で、他者にも告知をしたい、広めたい(シェアしたい)時に貼られるもの」です。
 
 
また外部ブログと共にSNSからのリンクの有効性についても、あわせてよくお問い合わせいただきますが、FacebookやTwitter等のSNSはリンクに対し「nofollow」という属性が付いているので直接的なSEO効果はありません。しかし、SNSは利用者数が年々増加しており、運営webサイトへのアクセスルートの増加や幅広いユーザーに対する認知度の向上方法として有効といえます。
 
 
 
---------------------------------------------------------------

東京でweb制作・運営管理なら

エグゼクティブクリエイションへ
---------------------------------------------------------------
◇webサイト作成/運営についての
 ご相談はこちらから!
TEL:   03-5839-2512
FAX: 03-5839-2513
topshitabana03.jpg
------------------------------------------------
 

 

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)