東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ クリエイターブログ
CompanyWebsite createContact

WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページ制作方法の比較/各制作のメリット・デメリット

新規Webサイト作成のご提案時や既存クライアント様からよくいただくご質問が制作方法の違いについてです。
例えば、「ワードプレス等CMSとHTMLによる制作と何が違うの?」といった内容です。
 
今回は特に多い「HTML(スクラッチ制作・オリジナル制作)」「WordPressによる作成」「MovableTypeによる作成」「制作会社独自のCMS・ソフトでの制作」について、分かりやすくメリット、デメリットをそれぞれ解説したいと思います。
 
これからWEBサイトを作られる方は是非参考にしてください!
 
 
website create value.jpg
 

ホームページ制作方法の違い、利点とデメリットとなる点について

各制作方法の違いをご説明する前に、まずはホームページ制作技術の移り変わりに関して簡単に解説をしたいと思います。
 
 

ホームページ制作方法の進化と主流技術の変化

一言に「ホームページ制作」といっても、実は様々な作り方が存在をします。そして、これはホームページ制作会社やWebクリエイターによって主となる方法が異なります。
 
数年前はHTML、「ホームページビルダー」「ドリームウィーバー」といったソフトを活用した制作方法が主流でした。
 
特にホームページビルダーはソフトウェア自体が安価で、初心者から中級者の方向けとなっています。比較的容易にサイト制作ができ、管理画面上で何となくビジュアル感覚で作れてしまいます。ですがデザイン的な面で制約があり、凝ったホームページを作ろうとすると限界があります。
 
そのため、しっかりとしたビジネスのサイト・企業向けホームページ制作には「ドリームウィーバー」が多く使われています。ドリームウィーバーはデザイン的に最も自由度が高く、SEO(検索エンジン最適化)対策も充分に行うことが可能です。
 
ところが、プロのWEBクリエイターが多く使用するため、制作難易度が非常に高く、CSS・HTMLに関する知識が必須となっています。よりちゃんとしたWebサイトを作りたい場合は「ホームページ制作講座」を受けたり、専門学校等へ通って学ぶ必要もあります。
 
 
そしてその後、CMSによるホームページ制作が台頭し始めました。
 
CMS(コンテンツマネジメントシステム)はHTMLプログラムの知識やDreamweaver等専門ソフトウェアについて覚える必要がなく、そこまでノウハウがない方でも容易に更新可能です。
 
様々なCMSが開発されました。CMSの中でも特に一気にシェアが高まったのはMT(MovableType)です。無料版と拡張機能が充実した有料版とがあり、無料版でも十分に良いホームページが制作でき、他のCMSと比べても様々な面で優れていたので一気に広まるのも当然かと思います。
 
しかしその後、WP(WordPress)が開発をされ、プラグインによって無料で多彩な機能を追加することができ、どんどんシェアが拡大しました。(丁度その時期に、MTが有料版へ大きくシフトし始めたのも要因ではないかと考えます)
 
 
最近の主流はやはり「WordPress」です。非常に多くのホームページ制作会社が主としています。有料テンプレートを使えば、少ない工数で質の高いWebサイトを簡単に制作できますし、オープンソースいった形態で、使用にコストがかからず、多数の追加プラグイン(追加機能)を実装することができます。
 
「うちはWP(ワードプレス)制作専門だよ!」とWPのみに対応しているクリイターさんや会社も増加をしました。
しかし、WPは幅広く多数のホームページで使われているがために、やはりセキュリティ面を突かれ、ウィルスに感染しサイトを改ざんされてしまったり、乗っ取られてしまうといった事例も多くあります。
 
 
ホームページ制作方法・技術にもこういった流れがあり、勿論それぞれ一長一短あります。
各制作方法について、メリット・デメリットをご紹介します。
 
 
 

HTML(スクラッチ制作・オリジナル制作)のメリット・デメリット

【メリット】
前項目でも少し触れましたが、HTMLによる制作メリットはやはりサイト構成やデザイン面での自由度が非常に高く「基本的にどのようなレイアウトでも対応可能」な点です。
また、反響あるホームページ運営に必須なSEO(検索エンジン最適化)対策を充分に行うことが可能です。
 
【デメリット】
やはり一番のデメリットは、制作難易度がダントツで高く「プロのWEBクリエイター向け」といった点です。CSSやHTMLコーディングに関する専門ノウハウが無ければ、取り扱うことが非常に困難です。書籍やインターネット上の情報だけで学ぶのも難しいと言えます。
 
さらに年々需要が高まっているスマートフォンページ制作やレスポンシブホームページの制作の難易度もさらに高いといえます。
 
 

WP(WordPressによる作成)のメリット・デメリット

【メリット】
オープンソースなので、導入しやすく安心して無料で活用することができます。またインターネット上で用途に合わせた「多様なプラグイン」が公開されているので、それを組み込むことで自社で使いやすいワードプレスへとカスタマイズすることが可能です。
 
また専門的な知識や技術がなくても、ページ追加や更新作業を行うことができます。
 
【デメリット】
ホームページ制作時の使用・シェアが多い分、ハッキングやウィルスなどに狙われやすくなっています。サイトの改ざんやインターネット上のWEBサイト攻撃のための踏み台にされるといった大きなトラブルも場合によってはあります。そのため、知識のある人間が適正に「運用保守・メンテナンス」を行った方が良いでしょう。
 
 

MT(MovableType)のメリット・デメリット

【メリット】
WPと同様に、初期設定時にPHPのプログラム言語の知識が必要となりPHP化を行うべきですが、これは専門業者・分かる人間に初期設定を行ってもらえれば、その後の制作時はHTMLの知識が不要となります。比較的、容易にページの修正・更新やブログ更新を行うことが可能です。
 
現在ワードプレスが主流なだけに、セキュリティ面の穴を狙われにくいと言えます。
 
【デメリット】
各下層ページの個別ディスクリプション設定等、有料版でないと使用できない機能が多くあります。ワードプレスと同じく、専門的な知識が無いと初期設定が困難です。
 
 

制作会社独自のCMS・ソフトウェアでの制作

【メリット】
制作会社がそれぞれ使いやすい機能を付けているため、他の制作方法には無い「独自の利点」があります。
 
【デメリット】
広く流通をしていないので、書籍が売っていなく、インターネット上にもマニュアルなどはありません。不明な点やお困りごとがあった際は、導入元のホームページ制作会社へ確認しなければなりません。
 
またソフトによってはバグ等が多いこともあります。他社へ移行したい時や自社内で運営を行いたい時にできない、「対応したサーバー」を用意する必要があるといったデメリットも考えられます。
 
 
いかがでしたでしょうか?
今回は「ホームページ制作方法の比較」として、これまでの制作方法の変化の流れと「各制作方法のメリット・デメリット」について、解説をしました。
 
上記掲載をしたメリットとデメリットを確認の上、目的や自社に最適な制作方法を検討し、専門のホームページ制作会社へ依頼するか、自社内制作を行いましょう! (3000)
 
 
---------------------------------------------------------------

ホームページ制作を行うなら、

エグゼクティブクリエイションへ
---------------------------------------------------------------
◇Webサイト作成に関する
 お問い合わせ・ご相談はコチラから
TEL:   03-5839-2512
FAX: 03-5839-2513
topshitabana03.jpg
------------------------------------------------
 

 

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)