東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ クリエイターブログ
CompanyWebsite createContact

WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページ制作会社が考える、有効なSEOキーワードとコンテンツ作り

SEO対策を行っているメインキーワードの検索ランキングを上げるには、「関連するミドルキーワード・サブキーワードへの対策」や「順位の上昇へと繋がるコンテンツ制作」が大切と、こちらのクリエイターブログで掲載をしてきました。
 
今回の記事は専門のWEB会社が考える有効なSEOキーワードとコンテンツについて、解説をしたいと思います。
 
 
 
seo keywordup.jpg
 
まずホームページ制作後、メインキーワードの検索順位を上げていくにはメインキーワードのSEO(検索エンジン最適化)対策を集中して行うことが重要ですが、競合サイトが多かったり、競合サイトのSEOが強い場合は「メインキーワードに紐付く、ミドルキーワードやサブキーワードへのSEO強化」がメインキーワードへ影響を与え、順位が上昇するといった手法があります。
 
では、メインの検索キーワードに紐付くキーワードはどのように探せば良いのでしょうか?
 
 
 

メインキーワードに関連する検索キーワードを見つけるのは簡単(有効なSEOキーワード選び)

Google等検索エンジンが認識している関連キーワードを探す際に最も容易な方法は、「メインキーワードで検索し、検索結果画面の下部に表示される関連キーワード」を確認することです。
 
例えば「リフォーム会社」とGoogleで検索をします。そうすると検索結果の下の方に関連キーワードとして、「リフォーム会社 ランキング」や「リフォーム会社選び」「リフォーム会社 評判」「リフォーム会社口コミ」といった候補がズラッと、表示されます。
こちらが検索した元のキーワードに関連している検索キーワードです。
 
こちらの方法で見つけた検索キーワードをミドルキーワードやサブの検索対策キーワードとして設定し、SEO対策を行うことが非常に効果的です。
 
 

検索上位サイトの設定SEOキーワードを確認する

他にも、有効な検索対策キーワードを模索する方法があり、こちらの方法も比較的用意に確認することができます。
それは現在1ページ目の「上位へ表示されているホームページのSEOキーワードを見る」ことです。
 
検索を行い、最上位へ表示をされているサイトはそのキーワードで、Googleから最も評価をされているホームページのため、間違いなく参考にした方が良いでしょう。
 
 
最上位のWEBサイトがメインキーワードだけでなく、「他にもどのような検索キーワードを設定しているか?」をチェックし、同様のキーワードを追加の上、対策を行うのが効率的です。対策キーワードを探す際にチェックすべき箇所も記載いたします。
 
対象のホームページを開いた状態で、ブラウザの「表示」から「ソースの表示」でそのWEBサイトのHTMLソースが見れます。(HTMLソースの表示方法はブラウザによって異なります)
 
そしてソースの「Title」や「meta description」部分のコード内に書かれたキーワードを確認します。また以前は「meta keyword」も対象部分でしたが、最近ではSEO上の優位性が無くなったため設定をしていないWEBサイトも多くあります。
 
 
HTMLソース以外ではページ最上部やコンテンツ上部のタイトル部分に配置される「H1」と呼ばれる部分です。どの部分がH1なのかは、慣れたWEBクリエイターであれば大体すぐに分かりますがそうでない場合はやはりHTMLソースを確認する必要があります。
 
他にもTOPページ上部へよく配置をされる「TEXT紹介文」に記載の検索キーワードや「TEXTフッターリンク」内のキーワード、タイトル帯部分の「h1〜h3」等、参考にすべき部分は多々あります。
 
また「最上位サイトのチェックを最もすべき」ではありますが、それ以外の上位サイトもできれば1位〜7位ぐらいまでの7サイトは確認を行った方が効果的です。おおよその傾向が分かってきます。
 
 
 
 
 
contents create how.jpg
 

ホームページ制作時・SEO対策時に有効なコンテンツ作り

有効なSEO対策キーワードを把握し自社サイトへ設定をしたら、次にその対策キーワードに関する「良質なコンテンツ」を制作し、WEBサイトへ追加をしなければなりません。
 
SEOに効果的なコンテンツテーマはやはり、新たに設定したSEOキーワードについての内容が勿論有効ですが、それだけでは掲載内容に限りがあります。
 
 
こういった時にも前項目でご紹介をしたように、「上位サイトがどのようなコンテンツを載せているのか」を参照した方が良いでしょう。ただコンテンツのテーマは参考にしても、掲載内容は真似るべきではありません。
 
コピーコンテンツのような違反なコンテンツ作りは逆効果で、Google検索エンジンからペナリティを受け順位を大きく落としたり最悪の場合、検索結果から除外されるリスクもあります。また参照元サイトとのトラブルにも発展する可能性があるので行うべきではありません。
 
あくまでもテーマは近いもので「掲載内容・ライティングはオリジナル」である必要があります。
さらに元サイト、現上位サイトを抜きたい時にはそれ以上のコンテンツに仕上げなければなりません。
 
 
「テーマが明確で、掲載内容が分かりやすく、独自性があり、シッカリと調査された専門的なコンテンツ作り」を意識します。元サイト以上の情報量・ボリュームも大切です。
このような方法でどんどん検索エンジンが評価しているコンテンツを追加していくことで、サイト評価が上がり、ランキングも上昇していきます。
 
 

更なる良質コンテンツの掲載

上位サイトに掲載されているコンテンツに近い内容追加が完了した際には、次に「自社ホームページ独自のテーマで有効なコンテンツ制作」を行いましょう。
 
難易度は上がりますが、本来最も正当な手法で制作するため労力が大きい分、WEBサイトへ反映した時の優位性は非常に高くなります。
 
こちらの独自コンテンツの制作テーマに関しましては、前項目でご紹介をした「メインキーワードに関連するキーワード」についての内容を優先した方が良いと考えます。
 
 
 
いかがでしたでしょうか?
今回は「専門のホームページ制作会社が考える、有効なSEOキーワードとコンテンツ作り」として、有効な検討方法・施策をご紹介いたしました。
 
こちらの施策をしっかりと実践したことで大きくサイトのランキングが上昇した事例を多く見てきましたので、間違いなく有効な方法であると考えます。
 
 
WEBサイトへのSEO対策は良質な内容を掲載したり、検索キーワードを適切に入れ込んだり、キーワード含有率を意識したり、内部リンクを張ったり、良質な外部リンクを増やしたりと行うべき施策が数多くあります。
 
そして、このような対策をこつこつと行い続け、着実にポイントを増やし、サイト評価を高めたホームページは長期的にランキング上位に君臨し続けます。
アルゴリズムのアップデートの影響も受けにくく、いきなり検索順位が大きく低下するといったリスクもありません。
安定した新規売り上げを作り続ける、会社になくてはならないインターネット上の優秀な営業マンとなります。
 
せっかくホームページを制作するのなら、作っただけの会社案内代わりのWEBサイトではなく、新規集客へと繋がるホームページへと育てた方が良いのではないでしょうか。 (3000)
 
 
 
---------------------------------------------------------------

ホームページ制作会社なら

エグゼクティブクリエイション!
---------------------------------------------------------------
◇WEBサイトに関するお問い合わせ
 ご相談はこちら 
TEL:   03-5839-2512
FAX: 03-5839-2513
topshitabana03.jpg
------------------------------------------------
 

 

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)