東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ クリエイターブログ
CompanyWebsite createContact

WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。 エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページを活用し 売上・成果を上げる方法満載

ホームページ制作会社が考えるweb作成後の追加アイディア【第20回】

東京都を中心に、関東エリアにてホームページ作成・運用・リニューアルのご提案を行っております、エグゼクティブクリエイションです。
ホームページ作成後、どういった更新を行っていくべきか?」という疑問にお答えする当連載も、今回で20回目を迎えました!
 
 
一言にホームページ運用をするといっても、お客様の状況や目指すべき成果により方針は異なります。業種によって必要なページも違います。また、会社ごとに「理想的なホームページの形」も変わります。
 
多数の企業様のWEBページ運用をお任さいただいている身として「自社ホームページに興味がある会社様ほど、反響が出やすい」傾向にあると考えます。自社ホームページへ興味を持ち、前向きに更新運営を行っていることで、反響という最終成果へ表れます。
 
ホームページはインターネット上で御社をアピールする有力なツールの一つです。
適切なサイト運用と定期的更新により、ホームページを新規営業時の強力な武器へ育てましょう!
 
記事のリライト日:2017年12月25日16:30
 
webcreate_proposal_20171224_640.jpg
 

ホームページから来店予約を取れるようにする方法

歯科医院や美容院・サロンの場合、ホームページ上でお客様が予約できるようにしたいというご要望をよくいただきます。ホットペッパーの情報サイトからでも予約することは可能ですが、ホームページ限定メニューを打ち出している場合は特にHPからも予約を取れるようにしたいと考えるのは普通です。
 
ホームページ上から予約を取れるようにする際の受付方法には「電話」「Eメール/メールフォーム」「FAX」といった手段があります。予約受付方法については、基本的にすべての方法で受付できるようにするのが望ましいです。
 
自社の業態に合わせ、予約方法を検討しましょう。
 
 

予約受付フォーム設置時のポイント

ホームページ上でメール受付を行う場合、予約専門メールフォームを設置することが有効です。
運用管理上「お問い合わせ」「資料請求」とを、別々のフォームにすることをおすすめします。
 
受付用のメールアドレスに関しましても、その後の管理がしやすいという観点から予約専用のメールアカウントを新たに取得した方が便利です。
 
 
予約受付フォームを利用する際は、”予約確定までの流れ”を明確に提示することも重要です。
 
「フォームからメールを送信した時点で予約が完了」
「メール送信後、お店からの確認電話で予約完了」
「予約前日(当日)に店から予約確認の電話がある」
 
上記のように「どの段階で予約が確定するのか?」「確定した予約の確認」について等をweb上へ掲載することで、ユーザーは安心して予約することができます。
「予約の流れ」としてページメニューを設けるのも良いですし、自動返信メールへ、こちらのフローを記載するのも良いでしょう。
 
電話確認を行う場合、「電話番号」項目を忘れずフォームの必須項目へ設定しましょう。
 
 
 

電話での予約受付時のポイント

電話予約を受け付ける場合、確実に電話を受けることができる時間帯を記載する必要があります。
受付電話番号と共に、受付時間も明記した方が効果的です。
 
≪予約受付専用ダイヤル≫
0120−0000−0000
受付時間 10:00〜18:00
 
エステティックサロンなど、サロン系の場合、施術中は電話を受けることができないという状況があると思いますが、こちらの状況は成果に繋がるチャンスを逃す可能性があります。専用の受付担当を置くか、もしくは留守番電話設定にし、すぐに折り返しますといった対応にした方が良いでしょう。
 
 
また予約の際、あらかじめ注意事項や持参すべきものがあれば、それをお伝えするのも有効です。
注意点や持参品についてホームページ上に詳しく解説している場合は「ご来店前に○○ページで注意点を一読ください」とお伝えするだけでも、親切な対応となります。
 
電話予約を受付る際は、予約者の立場になって対応することをこころがけましょう。
 
 
 

FAXで予約を受付ける場合のポイント

お客様からFAXで予約を受け付けたり、注文等を受ける場合、あらかじめ「予約票」「申込み用紙」等のテンプレートを準備しましょう。特に製造業の場合、「見積り依頼テンプレート」があると便利です。
 
≪予約申し込み票 サンプル≫
・お名前
・お電話番号
・ご住所
・ご希望の日程(依頼内容等)
・備考
 
店舗(会社)側で必要な情報が記載されていないことでお客様への余分な連絡が発生すると、お客様にとってストレスとなるため、あらかじめ申込用紙などを準備しておくと無用なトラブルを回避することができます。
 
FAX受付の場合も、予約(依頼)受付後の流れについてをホームページへ提示しましょう。
 
 
 

予約可能な日程の掲載

ホームページ内に予約可能な日程を掲載したいというご要望をよくいただきます。
弊社でご提案している方法は、「Googleカレンダー」導入です。
 
「Googleカレンダー」にはカレンダーの公開機能が備わっており、ホームページへ埋め込むことで店舗スケジュールをお客様へご覧いただくことができます。
 
ブログ等で予約可能日や休業日の告知を行っていらっしゃるサイトもありますが、予約したいと考えた方が「予定が空いているか?」を確認するためにブログの該当ページにアクセスしてもらうのは、少し手間となります。
予め予約ページへ「Googleカレンダー」を掲載するだけで、ユーザーの手間が大きく軽減されます。
こちらはGoogleアカウントさえあれば、すぐに設置をすることができます。スケジュール更新も非常に容易なのでとてもお勧めです。
 
 
予約が入った日程についてGoogleカレンダー上で「予約不可」と設定をすることで、お客様のブッキングも防げます。「臨時休業日」や「年末年始・夏期の長期休業」、「突発的な営業時間の短縮」等もカレンダー上で告知することができるので、お客様へリアルタイムに店舗状況をご覧いただけます。
「Googleカレンダー」の表示方法として「月毎」「週毎」の表示切り変えも可能なので、使いやすい/見やすい表示で掲載をしましょう。
 
 
【今回の記事の執筆者】
株式会社エグゼクティブクリエイション 
カスタマーサポート部/チームリーダー
webディレクター:渡邉
 
watanabe maho.jpg
 
 
建設業/製造業を中心に200以上のホームページ制作を行う。
ディレクション時にクライアントの「会社としての強み」
「事業の強み」について引き出すことを得意とする。
 
日々IT・PCに関するリテラシー向上に努め、ホームページは勿論、多様なお客様のお困りごとを解決。
エグゼクティブクリエイション顧客満足度No.1ディレクター
 
 
 
社内では恐ろしいほどのゆるキャラ。
真面目な打ち合わせ時のきりっとキャラと、ギャップがあり過ぎ同行する同僚へ大きなインパクトを与える。
得意なこと:アクティブリスニングと笑顔とモンハン
苦手なこと:料理と紛争と嘘
 
 
---------------------------------------------------------------

ホームページ作成・運用のご依頼は

東京のエグゼクティブクリエイションへ
---------------------------------------------------------------
◇ホームページに関する
 ご連絡お待ちしております
TEL:   03-5839-2512
FAX: 03-5839-2513
topshitabana03.jpg
------------------------------------------------
 

 

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)