東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ クリエイターブログ
CompanyWebsite createContact

WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。 エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページを活用し 売上・成果を上げる方法満載

【サイト充実化提案】追加すべきコンテンツとその内容(第12回)

エグゼクティブクリエイションでは、ホームページの新規制作・運用・リニューアルへ対応しております。サイトの新規制作はもちろん、既存サイトへのテコ入れやリニューアルといったご相談も承ります!
 
弊社へお問い合わせくださるお客様は「反響の上がるホームページにしていきたい」「サイトから新規顧客ルートを開拓したい」というご要望をお持ちです。
サイトを制作したからといって、毎回すぐに反響につながるわけではありません。適切な対策や地道な運営努力があってこそ、ホームページが成果を生みます。
エグゼクティブクリエイションでは、お客様の成功への道案内を行っております。
 
本日のクリエイターブログでは「サイト運用時に追加すべきコンテンツ第12回」についてご紹介をします。ホームページの運営管理・ページ更新についてお困りの方は、ぜひご覧ください!
 
webcreate_proposal_20171027_640.jpg
 

ホームページ運用時に追加すべきコンテンツ提案

弊社では、ホームページ制作や運用を依頼いただく際「ブログ」や「コラム」といった読み物コンテンツの設置をご提案しております。
コラムやブログコンテンツ設置を提案した際、お客様からいただく質問のなかで多いのが「どんな内容を載せたらいいのかがわからない・・」というものです。
 
普段からブログを書かれている方にとっては無縁な悩みかもしれませんが、はじめてブログを書く方にとっては「どういった内容」をブログとして掲載すべきか?を迷われると思います。
 
 
まず「ブログを読んでもらう相手」はサイト閲覧者です。
ホームページを閲覧しているクライアントや見込み客にブログ記事を読んでもらう必要があります。
 
ブログ記事を掲載する目的は、「御社の業務内容や社内の様子をクライアントや見込み客に知ってもらうこと」です。依頼をしようか迷っている方や見積りに関する問い合わせをしようと考えている方の後押しとなるような記事を掲載した方が効果的と考えます。
 
そのため、ブログを書く際は「自社へ依頼をしようと考えている方」や「注文先を探している方」に向けた情報発信を意識すべきです。
 
 
また、検索対策上の優位性を考慮しますと、ブログの内容は一般的なものよりも専門性の高い記事・オリジナリティのある記事が好まれます。会社独自の記事を執筆いただき、ホームページへと掲載することで、検索対策の一環としても有効です。
 
ブログ更新を行う際の「更新時のネタ」についての例/アイディアをご紹介します。
 
 
 

業界に関わる時事ネタ

独自性の高い記事の内容として「業界に関わる時事ネタ」があります。
 
業界に関わる世間の流れやニュースに対し、どうしても専門家は敏感になると思います。大きな変化や革新的な出来事があった際は、それにまつわるブログ記事の掲載をおすすめいたします。
 
しかし、ニュースの内容をそのまま掲載したのでは意味がありません。
ニュースサイトと一線を画すためにも、ニュースの概要を説明した上で御社のお考えをライティングください。
 
業界に携わる専門企業として、時事ネタ/ニュースに対し抱いた感想や今後の対処等、御社独自の観点から執筆された記事が望ましいです。独自の感想や指針を掲載することで、業界に興味を持つサイトユーザーが満足できる内容となります。また、御社の仕事に対する姿勢が伝わる記事にもなります。
 
 
 

法律や専門用語に関する解説

「業務に関わる法律や専門用語の解説」等もおすすめです。
士業に携わる方であれば、仕事上よくいただくご相談に関連した法律解説を行うことで、専門性の高い記事に仕上がります。法律の解説に絡めて、実際の事例やモデルケースを紹介することで、記事のオリジナリティが保たれます。
 
また自身で担当した案件の実績紹介等を兼ねて記事を掲載することにより、同様のケースでお悩みの方が相談に来られることも想定されます。
 
業種を問わず「お困り事」を抱えている方は、「似た困り事」や「同様の悩み」を解決した実績のある方へ依頼したいと考えます。
そのため、以前担当した「実例」と「法律解説」なども絡めてブログ記事を書くのも、反響アップ手法のひとつです。
 
専門用語の解説も有効です。
豆知識的なブログ記事にはなりますが、業界で使われている単語や専門用語は興味を持つ方が多くいらっしゃいます。お客様からよく解説を頼まれる内容の紹介もブログ内容として有効です。「よくあるご質問」として質問を紹介しつつ、御社の回答を掲載することをおすすめします。
 
 
 

大きな変化やニュースがない時期などに

業務に関わる変化やニュースがない時期に業務とは全く関係のない記事を掲載することは、あまり好ましくありません。
 
ホームページは「更新頻度」と「記事内容の品質」を保つことが大切です。更新頻度を保つために質の低い記事を掲載し続けることは、サイトの質/評価を低下させる恐れがあります。
大きな変化やニュースがない時期でも、業務に関わる内容をできるだけ更新できるよう努めましょう。
 
例えば「自社での業務開始前の取り組み(朝礼の様子)」や「ご依頼をいただいた際の対応マニュアルの紹介」等、普段業務を行う上で気にかけている点をクローズアップした記事もおすすめです。また、お客様からいただいたお声を取り上げるのも良いでしょう。
 
ホームページへ掲載するブログ記事を執筆する際、「業務に関連性の高い内容か?」「サイト訪問者が満足できる情報か?」といった部分に注目しましょう!
 
 
---------------------------------------------------------------

ホームページの反響アップ対策なら

東京のエグゼクティブクリエイションへ
---------------------------------------------------------------
◇ホームページの新規制作・運用
 ご相談はこちら
TEL:   03-5839-2512
FAX: 03-5839-2513
topshitabana03.jpg
------------------------------------------------
 

 

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)