東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ クリエイターブログ
CompanyWebsite createContact

WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。 エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページを活用し 売上・成果を上げる方法満載

反響の上がるサイトへの道【web制作会社が提案! コンテンツアイディア第5回】

webサイト制作のご要望をいただく際、弊社では「サイトの完成はゴールではなく、スタートラインです」というお話をしております。
 
サイトを制作するにあたり、多くのコストがかかります。
制作費用はもちろん、制作する際に必要な原稿やお写真の準備。また、打ち合わせのスケジュール調整等も必要です。
 
労力をかけて完成させたホームページ。御社はサイトが完成した時点で「ようやくゴールにたどり着いた」と思ってはいませんか?
webサイトの目的が「ホームページから成果を出す事」から「ホームページを作る事」へとすり替わっている会社様も見受けられます。
 
弊社では「結果を出せる営業マン」としてのホームページ運用をご提案します。
webページを「結果を出せる営業マン」として活用していくためには、定期的にサイトの充実化・見直しを行いサイトボリュームをアップさせる必要があります。
 
今回のブログでは「ホームページをボリュームアップさせるコンテンツアイディア」についてご紹介いたします!
 
webcreate_640.jpg
 
 

サイトを充実化させるために設けるべきコンテンツ

ケーススタディ(症例・事例集)の紹介ページ

「医療機関様のホームページ」や「住宅リフォーム会社様のサイト」等で設置されていることが多いコンテンツです。
 
こちらのコンテンツは、これまで医院様や企業様が対応してきた症例や施工事例をご紹介するためのページとなります。
「ケーススタディ」は医療機関サイトや工務店のホームページに限らず、お客様に対して提案を行う業種であれば、特に追加をすべきコンテンツと考えます。
 
 
御社ホームページを訪問する方の多くは、現在悩んでいる事柄を解決する方法を探しています。
歯科であれば「親不知が痛むため、抜歯してほしい」や「入れ歯が合わなくなったので、作り替えたい」といった要望があります。
住宅リフォームの場合「雨漏りが発生している」「キッチンの使い勝手が悪い」「家の間取りを変更したい」等が考えられます。
 
 
ホームページ上に症例や施工事例を掲載することで、上記のような悩みを抱えている方へ向けて「当院での治療方法・対処方法」「自社のリフォーム内容」を提示できます。
 
サイトユーザーは、掲載されている症例や治療方法・リフォーム内容から御社を判断いたします。
それと同時に「自分が抱えている悩みを解決してくれるのか?」を精査しているのです。
そのため弊社では、医院様や工務店様で対応可能な治療・施工事例について可能な限り「ケーススタディページ」へ掲載するようお願いしております。
 
 
中にはプライバシーの問題や元請さんとの関係上掲載できない事例もあると思いますが、差し障りのない事例についてはなるべく掲載しましょう。
 
症例や事例を掲載する際にもポイントがあります。
まず一点が、「依頼主が困っている部分に触れる」ことです。
ケーススタディページにて「困っていた部分」と「解決した方法」を紹介することで、同様の悩みを抱えている方の参考になります。
その際、医院の先生や施工店の担当者さんによる「解決のための提案」を掲載することもおすすめです。
 
 
次に、「症例や施工例についてより詳しく説明する」ということも重要です。
実際に治療している先生や施工現場の担当者さんにとっては「当たり前」のことであっても、サイトを見ている一般ユーザーにとっては「当たり前ではない」ことが多々あります。
外壁塗装を行う際には「高圧洗浄」「ケレン」「下塗り」「上塗り」と複数の作業工程がありますが、サイト閲覧者は「何故その工程が必要なのか?」がわかりません。
 
「塗料を均一に塗布するため」や「塗料を剥がれにくくする」等、ひとつひとつの作業に意味がありますが、お写真を掲載しただけでは伝わりません。
弊社では、ホームページへ事例を掲載する際に写真と共に「工程の説明文」を頂戴できるようお願いしています。説明を掲載することにより、治療や施工に対するユーザーの理解が深まります。
 
 
また、費用についても是非掲載をすべきです。
「抜歯」や「キッチンリフォーム」を行う際に目安となる金額を掲載することで、サイトユーザーは「問題解決にかかる概算費用」を把握することができます。
 
ユーザーにとってホームページを使う利点のひとつに「他社比較が容易にできる」というポイントがあります。治療方法や施工内容に魅力を感じても「概算費用がわからない」というだけで、お問い合わせを控えるケースも。
 
 
掲載すべき内容について、あらためてまとめてみましょう。
 
 
■医院様ホームページへ掲載すべき症例の内容
・患者様が困っている内容
・お困り事に対する提案
・患者様が選んだ治療方法
治療方法に関する詳細な説明
・実際の治療風景
治療前・治療後を写真で比較
・治療にかかった費用
・治療の頻度(週に1回の通院を1ヶ月 など)
・治療後の患者様の感想
・治療に関する先生のコメント
 
 
■工務店様のwebサイトへ載せる施工事例
・お問い合わせ時にいただいた「現在の問題点」
・現地調査の結果
・現調の結果発生した新たな問題
・お客様へのご提案
・施工方法
施工前・施工中・施工後の様子を写真で比較
・施工に使用した機具や部材
施工にかかった金額(工事全体の金額と、部材の購入金額)
・施工期間
施主様のご感想
・施工に対する担当者さんのコメント
 
 
上記内容はもちろん「絶対に必要な内容」ではありませんが、掲載することで「ユーザーにとって価値のある良質な記事」となることは間違いありません。
 
ホームページへ「症例紹介」や「施工事例」コンテンツを掲載する際には、上記掲載内容について参考にしていただければと思います。
 
 
 
---------------------------------------------------------------

webサイト制作専門の

エグゼクティブクリエイション!
---------------------------------------------------------------
◇web制作に関する
 お問い合わせはこちら
TEL:   03-5839-2512
FAX: 03-5839-2513
topshitabana03.jpg
------------------------------------------------
 

 

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)