東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ クリエイターブログ
CompanyWebsite createContact

WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。 エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページを活用し 売上・成果を上げる方法満載

ホームページ制作/運営時にHTTPS化する際の注意点

先日こちらのColumnにて、「ホームページ制作後のHTTPS化手順」についてご紹介をしました。ですが制作サイトに対しSSLサーバー証明書を発行し、HTTPS対応をした後にも行うべき施策/注意点がいくつかあります。
 
「http://」のURLに対し、「https://」へのリダイレクト処理を行うだけでなく、Googleサーチコンソールへの新たな設定の他、Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携、主要外部リンクの変更などがあります。HTTPS対応した後にこのような設定変更を行わないと、今後正しく制作ホームページへのアクセスログが取れなくなるといった弊害が生じます。
 
このようなトラブルを防ぐため、「HTTPS化後に行うべき設定変更」について詳しく掲載をしたいと思います。
 
 
homepage-ssl.jpg
 

ホームページ制作・運営時にSSL化した後の設定変更について

httpアドレスからhttpsへのリダイレクト設定

こちらは制作ホームページのSSL化後に行う最も基本的且つ重要な設定で、これまで使用していた「http://」のアドレスから新たな「https://」へ.htaccessファイルを使用しリダイレクトをかけます。これによってユーザーがhttp:のアドレスへアクセスしても、httpsへのURLへと自動的に飛ぶようになります。
 
上記設定を行ったら、必ず「実際に自社サイトへアクセスし正しく処理されているか」を確認しましょう。
 
その際、特に注目すべきなのがURLの隣の「通信保護に関する表示」です。グーグルchromeではURLの左側に「保護された通信」、IEであればURL欄の右側に「webサイト認証」の鍵マークが正常に表示されているか?を確認しましょう。(スマートフォン版のGoogle chromeでは、URL欄の左に緑色の鍵マークが表示されます)
 
 
できれば各ページを確認するのがベターで、よくあるSSL化エラーが「外部のSSL非対応サイトからのファイルを自社サイト内で利用」しており、それが要因で正しく認証されず、通信保護に関するマークが非表示となるケースがあります。
他社サイトのリンクバナーを直リンクで表示している場合などもご注意ください。
 
 
 

外部サービスやソーシャルボタンに関する確認

ツイッターやFacebook、Google+等のコードが古いとHTTPS化をされていないため、設定コードを新しくする必要があります。
 
他にもCMSのプラグインやサイト内検索なども、よくwebサイトに使用されているため、新たなものへと変更しましょう。
アフィリエイト系のコードにも注意しなければなりません。
 
 
 

Googleサーチコンソールの新規登録/設定変更

HTTPS化をした後のURL「https://・・・」は、そのままの状態だと未確認となるため、Googleサーチコンソールの管理画面のアカウント一覧の右上にある「プロパティを追加」から、新たなhttpsのURLを追加します。
 
https化した際はこれまで使用していたインデックスとは別に、上記手順によって新たにHTTPSに対応したURLを登録しなければなりません。これによって、先日行ったエグゼクティブクリエイションのコーポレートサイトは下記4つの登録となりました。
 
http://exe-creation.com/
http://www.exe-creation.com/
https://exe-creation.com/
https://www.exe-creation.com/
 
そのため、Googleサーチコンソールの管理画面には上記4アカウントが並ぶことになります。
 
これまではサイト状況について、メインのアカウント「http://www.exe-creation.com/」を確認していましたが、今後は「https://www.exe-creation.com/」を見ることになります。
 
 
次に新たな「https://…」のプロパティへ入り、左サイドメニューの「クロール」−「サイトマップ」ページへと入ります。そして外部のフリーサービス等を利用し、「/sitemap.xml」ファイルを生成します。それをこちらの画面より送信します。
ちなみに、当社ではついでに「Fetch as Google」より全ページ(HTTPS化されたページ)のインデックス登録もリクエストをしました。
 
 
 

アクセス解析/Googleアナリティクスとサーチコンソールとの連携

前項目でひと通り、Googleサーチコンソールの登録・設定変更が完了しましたら、Google Analyticsの管理画面に入り、「アナリティクス設定」−「アカウント」−「プロパティ設定」に入ります。
「デフォルトのURL」項目のURLをhttpからhttpsへと変更します。
 
その後、すぐ下にある項目の「Search Consoleを調整」から新しいプロパティとhttpsのURLの「関連付け」を行い、完了となります。
こちらの設定を行うことで、GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスとの連携をすることができ、今後サイト運用を行う際の利便性が向上します。
 
 
 

制作ホームページに対する、外部被リンクの変更

こちらは必須ではなく、Googleの見解でも不必要とはされていますが、当社では主要な既存外部リンクについて「http:」から「https:」への変更を行いました。
自社だけの問題でなく、リンク元のwebサイトに対し、変更依頼を行い変えてもらう必要があるため時間はかかります。
 
自社でログインし、URLの変更が容易に可能な情報ポータルだけでも良いかもしれません。
 
 
ホームページ制作を行い、その直後にSSL化対応を進めるようであれば必要ありませんが、長年サイト運営を行っており、これからhttps化を進める際は「サイトの見直しを行う良い機会」となるかもしれません。
 
当社エグゼクティブクリエイションのホームページもSSL化に伴い既存の数百ページを確認しましたが「これまで気が付いていなかったリンク不備」や「ページ崩れ」等を確認でき、改善することができました。
 
 
---------------------------------------------------------------

ホームページ制作を業者へ委託するなら

株式会社エグゼクティブクリエイション
---------------------------------------------------------------
◇webサイト制作/運営に関する
 お問い合わせ等はこちらより
TEL:   03-5839-2512
FAX: 03-5839-2513
topshitabana03.jpg
------------------------------------------------
 

 

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)