東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ ホームページ制作 実績
CompanyWebsite createContact

新規ホームページ制作実績/東京文京区小石川の一般財団法人世界健康事業支援機構様

【2013年 新規ホームページ制作例】グローバル・フォーマルなデザインイメージのwebサイト例

 
whs-homepage.jpg
 
ホームぺージコンセプト:「予防医学」という観点からの健康づくり
主な対象地域:東京文京区を中心に1都3県
当社提供サービス内容:新規ホームページ制作/管理
ホームぺージ制作期間:半年間(掲載原稿の制作期間を含む)
事業内容:健康診断支援、国内外でのメンタルヘルスケア支援、健康教育・人材育成支援、健康管理に関する情報提供支援
 
サイト訪問者へのPR内容:「一人の命を大切に」を理念とし、尊き生命を永遠につなぐ仕組みをつくり出すことを目指し社会へ貢献してまいります。
サイトビジュアル面:幅広い年齢層から信頼いただけるデザイン
カラーリング:青空や地球のイメージに合うカラーリング
サイト構成:ページ上部へ団体としての基本概要を配置。右メニューへ事業内容やニュースをレイアウト
メインターゲット層について/医療従事者等、企業の総務担当者
 
 
【主な事業内容/ページ掲載内容】
こちらはエグゼクティブクリエイションにて2013年にご依頼いただきホームぺージ制作を行いました「世界健康事業支援機構様」です。一般財団法人として、予防医学を重視した健康づくりをメインコンセプトに事業展開されています。
 
既存の考え方へこだわることなく、新しい視点から日本の医療、諸外国の健康産業の充実化へ努めてまいりますといったメッセージをTOPページへ掲載しています。主なターゲットユーザーが医療従事者の方となるため、全体的に爽やかで信頼度の高いビジュアルとなるよう配慮し、制作を行っています
 
予防医学や健康管理に関する「セミナー・研究会・学会」の開催情報の他、海外在中者に向けた健康相談窓口、国内外でのメンタルヘルスケアー支援についてを目立つように配置し、ユーザーが目的別にすぐにアクセスできるようレイアウトしており、ユーザビリティの高いホームページとなっています。
 
 
 

東京文京区の一般財団法人世界健康事業支援機構様:新規ホームページ制作管理

初期ホームページ制作時、ページ内に掲載のコンテンツの一部をご紹介。「子宮頸がん検診のススメと検診の流れ」等について詳しく載せています。
 
 

子宮頸がんに関する解説

そもそも子宮頸がんとはどういったものか?どのようなリスクがあるか?:子宮頸がんは、がんが進行してしまうと子宮やそのまわりの臓器も摘出しなければいけない場合があります。近年、妊娠や出産を望まない女性もいらっしゃいますが、その場合でも摘出すると後遺症が残り生活に影響するなど失うものが大きいのが特徴です。
 
そして子宮頸がんが進行した場合、命そのものに重大な影響を及ぼすおそれがあります。また子宮頸がんはがんになる過程がほぼ解明されています。
 
 
定期的に検診を受けることで、がんになる前に早期発見をすることで子宮を失わずに治療することが可能になっています。
しかし、子宮にできるがんには、他にも、赤ちゃんが育つ子宮体部にできるがんがあり、「子宮体がん」別名「子宮内膜癌(しきゅうないまくがん)」と呼びます。
一般に「子宮がん」というと「子宮体がん」をイメージする方が多くいらっしゃいます。
 
この2種類のがんは「子宮頸がん」と「子宮体がん」は、原因や発症しやすい年齢・特徴・治療法などが違うため、それぞれについて正しい知識が必要となります。
 
※ホームぺージ制作時にはイメージ図と解説図もあわせて、掲載しサイト訪問者に分かりやすい掲載方法をとっています。
 
 

どういった人が子宮頸がんになりやすいのか??

「がん」というと、家族や親せきが加齢に伴い、がんになったというイメージを持つ方が多くいらっしゃいますが、子宮頸がんは親や親族からの遺伝とは特に関係がなく、性交経験のある女性なら誰にでもなりうるリスクがあります。
 
最近は20代後半から30代の若い女性に子宮頸がんの発症率が増加傾向にあります。
 
子宮がんは、女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位を占めており、特に20代から30代の女性においては、発症するすべてのがんの中では一番多くなっています。そのような現状の中、世界に目を向けてみますと毎年、約27万人もの女性が子宮頸がんによって命を失っています。
 
これは全世界で約2分間に1人の割合。日本でも、毎年約15,000人が子宮頸がんと診断されています。もうひとつの子宮にできるがん、子宮体がんは閉経前後の50代から60代の女性に多く、若い女性に多い子宮頸がんとは対照的です。
 
 

子宮頸がんの症状を解説

※ホームぺージ下層では、具体的に子宮頸がんになるとどういった症状がおこるのか?をtextだけでなく、画像文字/webフォントも使用しながら見やすく載せています。
 
子宮頸がんの症状は初期のうちは症状がない場合が多く、自分で気づくことが難しいと言われています。不正出血やおりものの増加など、性交の時の出血で気がついた時にはすでにがんが進行している場合があります。
 
子宮頸がんが進行すると、子宮をすべて摘出する手術が必要になる場合もあり、妊娠、出産の可能性を低下させます。
 
 
女性にとっては心身ともに大きな負担となるばかりでなく、子宮頸がんが進行してしまうと子宮だけではなく、そのまわりの卵巣やリンパ節などまわりの臓器もいっしょに摘出しなければならなくなり、命にかかわってくることもあります。
 
・性交時出血・おりものの異常(茶褐色、黒褐色のおりものが増える、など)
・不正出血(月経時以外の出血)
・下腹部や腰の痛み など
 
 
また、子宮頸がんの治療方法:子宮頸がん(しきゅうけいがん)の治療法には、主に3つの治療があります。
 
・手術療法
・放射線治療
・化学療法(抗がん剤による治療)
 
があり「がん患者の年齢、合併症の有無、がんの部位やがんの進行状況など」によって治療法が決定します。初期の子宮頸がんであれば、妊娠の希望を考慮することも可能になってきます。
 
一般的にがんになる前の状態(前がん病変(びょうへん))やごく初期のがんでは子宮頸部の異常な組織を取り除く手術(円錐(えんすい)切除術(せつじょじゅつ))を行います。
進行した子宮頸がんに対しては、いくつかの治療法を組み合わせて行うこともあります。
 
 
子宮頸がんの進行は主に5つの段階に分類されています。がん細胞が子宮頸部の粘膜上皮にとどまっている状態の0期から、子宮の周囲の臓器や他の臓器にまで転移する段階です。
0期のごく初期に発見できれば、子宮頸部(けいぶ)の一部を切り取る手術(円錐切除術)だけで済み、妊娠も出産も可能です。
 
Ia2期以降になると子宮の全摘出を行うようになり、II期では卵巣や卵管も含め子宮をすべて取り除く手術(広汎(こうはん)子宮全摘)が必要となってきます。それ以上にがんが進行した場合、放射線治療や化学療法が行われます。
 
 
■前がん病変やごく初期の子宮頸がんに対する治療
前がん病変(びょうへん)と初期の子宮頸がんであれば、子宮頸部の異常な組織を取り除く治療が可能で、子宮頸部をレーザーや高周波メスで切りとる手術です。
子宮頸がん早期発見の除術は子宮を摘出しないので、術後に妊娠・出産が可能です。しかし、切除術で切り取った組織を検査した結果、進行した子宮頸がんである内容が判明した場合、子宮を摘出する手術など治療が必要になることもあります。
 
■進行した子宮頸がんに対する治療
がんが子宮頸部の表面(上皮(じょうひ))を超えて広がっている場合は原則「子宮の摘出」が必要となります。
一般的に初期の子宮頸がんでは子宮だけの摘出(単純子宮全摘出術)を行い、まわりの臓器にがんが広がっている場合には子宮と一緒に、周囲の靱帯(じんたい)組織や、卵巣、膣の一部、リンパ節などを摘出します(広汎(こうはん)子宮全摘出術)
 
広汎子宮全摘出術の代わりに放射線治療を行ったり、手術療法と放射線治療を組み合わせたりする場合もあります。また、手術の前にがんを小さくすることを目的に抗がん剤を使用し、
放射線治療の効果を高めるために放射線治療と化学療法を同時に行ったりすることもあります。
 
※各子宮頸がんの症状とそれに対する治療内容について、表形式で分かりやすくホームぺージ内へ掲載しています。
 
 
初期制作時には、予防医学の一環として「子宮頸がんのリスクと症状」をwebページ上で全面的に打ち出しており、子宮頸がんで悩んでいる方や心配されている方に役立つことを重視し制作しています。上記内容の他にも具体的な「子宮頸がんの検診方法」について、写真と共にホームぺージ上へ掲載しております。
 
---------------------------------------------------------------

東京文京区で新たなホームページ制作なら

株式会社エグゼクティブクリエイション!
---------------------------------------------------------------
◇webサイト制作/運営管理についての
 お問い合わせはこちらから
TEL:   03-5839-2512
FAX: 03-5839-2513
topshitabana03.jpg
------------------------------------------------
 

 

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)
東京台東区のホームページ制作会社/株式会社エグゼクティブクリエイション
〒111-0052 東京都台東区柳橋2-5-6 TOMビル3F
TEL: 03-5839-2512 / FAX: 03-5839-2513