東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ クリエイターブログ
CompanyWebsite createContact

WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。 エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページを活用し 売上・成果を上げる方法満載

情報ポータルページとホームページ制作会社 作成サイトとのメリット比較

当社は東京都を中心に様々な地域からホームページの制作依頼をいただいております。
 
お問い合わせや打ち合わせの際、ホームページ/SEO対策に関連した様々なご質問をいただきますが、今回のクリエイターブログでは「ホームページ制作会社が考える、ポータルサイト内ページとホームページのメリット比較」について掲載いたします!
 
 
エグゼクティブクリエイションへご依頼くださるお客様の中には、自社ホームページではなく情報ポータルサイトのページを活用している方も多くいらっしゃいます。
 
情報ポータルサイトのページや制作ホームページを有効活用するためにも、双方のメリットをよく理解する必要があります。
 
 
portal_site_640.jpg
 
 

情報ポータルサイトページとホームページ制作会社 作成ページとの違い

ポータルサイト内ページ運用の利点

ポータルサイトとは、様々なコンテンツ・情報・口コミ等が集約されたサイトを指します。
皆様が利用している「Yahoo!JAPAN」や「MSN」等も、ポータルサイトとして分類されます。
 
 
そして「食べログ」や「ホットペッパーグルメ」といったサイトもポータルサイトのひとつです。
 
上記は「飲食店」の情報に特化したポータルサイトですが、その他にも「地域情報」や「一般家庭向けのリフォームサイト「部品製造・加工を行う工場をまとめたサイト」といった様々なジャンルの情報が集約されたポータルが存在します。
 
こういった「情報特化型ポータルサイト」へ自社の情報を登録することで、ホームページをお持ちでない企業様でもインターネット上へ自社の情報をある程度、掲載することが可能です。
 
 
 
また、情報ポータルサイトの大きな利点は「登録が非常に容易である」ことです。
あらかじめ入力すべき内容が決まっており、決まった形式で入力することで情報がサイト上へ掲載をされます。情報ポータルはユーザービリティを考慮しデザインされているため、ユーザーインターフェース面も「わかりやすさ」が重視されています。
 
そのため、簡単なテキスト入力だけで、見やすい企業情報ページが完成いたします。
 
 
ですが、登録が手軽な分デメリットもあります。
 
・手軽に登録できるので、競合他社のページも多い
・ポータルサイトはサイト内の回遊率を促すため、他社ページへ遷移されてしまう
・ページ上部(目立つ場所)への掲載は、登録順や登録プラン(費用)等に依存する
・掲載可能な情報や情報量に上限がある
 
上記のデメリットの中でも、「掲載可能な情報や情報量に上限がある」といった点に注目したいと思います。
ポータルサイトの多くは、掲載可能な内容にある程度の範囲が設けられています。
「会社概要のテキスト説明は○○文字以内」「会社の外観やスタッフ等の写真は○枚まで」等、情報を無制限に掲載できるわけではありません。
 
 
他社との比較」が容易であるポータルサイト内で他社との差別化を図るためには、やはり掲載内容の質が重要です。掲載内容に上限があるポータルでは、会社の魅力を最大限に伝えることができない可能性があります。
 
 
ポータルサイトの性質上、サイト内での回遊率を高めるため「レコメンド機能」が導入されているサイトが多く見受けられます。
その場合、ユーザーの関心が高いであろうコンテンツが自動で表示されるため、そのページからの離脱率も高まります。
 
 
 
 

公式ホームページ制作・運用の利点

ポータルサイトのデメリット「掲載可能な情報や情報量に上限がある」点は、公式ホームページ制作によって解決することができます。
 
ホームページは、サーバー容量が許す限りある意味、無限に情報を掲載することが可能です。
また、コンテンツや掲載項目の上限もありませんので、様々な角度から会社の魅力を伝えることができます。
 
「会社自体の強み」を掲載するページや提供しているサービスの特徴ページ等、掲載したいコンテンツに合わせたwebデザインの構築が可能です。情報ポータルサイトよりもページ制作にお時間はかかりますが、その分ページ制作時の自由度が高いといえます。
 
 
ホームページデータへ検索上位対策を講じることで、多くのアクセス数を集めることもできます。
情報ポータルでは契約プランや登録申請順で掲載順位が決まる場合が多いのですが、ホームページの場合は制作後のサイト運用方法により異なります。
 
検索順位を高めるため、定期性な運用を意識し、Google・YAHOO!といった検索結果の上位表示を目指することができます。
 
 
ホームページを運用する際、「独自ドメイン」を使用することでユーザーからの信頼度が上がります。独自ドメイン名は会社側で自由に選定できるため、自社サービスのアピールや覚えやすい文字列を指定することによって認知度を高めることができます。
ドメインは「インターネット上の住所」と表現されることがよくあります。
 
例えば「商業施設の一角にテナントとして入っている店舗」と「大通りに面した路面店」「駅前に建つ自社ビル」では、ブランド/認知度に大きな差が出てまいります。
独自ドメインでのサイト運営は、「その会社独自で取得をした信頼度の高い住所」で、ポータルサイトは独自URLではなく、「ポータルサイトのアドレスの下層として位置づけされる」ため、URL上の信頼度は下がります。
 
 
 
 

双方のページ・webサイトのメリットを活かす運用について

情報ポータルサイトと公式ホームページの二つを連携することにより、大きなメリットが得られます。
 
情報ポータルサイトは手軽に検索することができるため、必要な情報を端的に知りたいといった方に向いています。多くのポータルサイトは会社サイトのURLを掲載する項目を設けておりますので、企業や店舗についてより深く知りたいとお考えの方向けにホームページのURLを記載すると良いでしょう。
 
公式ホームページは前項目で記載をしましたが、情報ポータルよりも多くの情報を掲載することが可能です。
情報ポータルでは掲載しきれなかった追加情報やお客様が知りたいであろう、有用なコンテンツを設けることができ、ユーザーに自社サイト内で長く滞在してもらえます。
 
 
 
---------------------------------------------------------------

東京都内でホームページ制作会社なら

エグゼクティブクリエイション!
---------------------------------------------------------------
◇ホームページの運用に関する
 お問い合わせはコチラより
TEL:   03-5839-2512
FAX: 03-5839-2513
topshitabana03.jpg
------------------------------------------------
 

 

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)