東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ クリエイターブログ
CompanyWebsite createContact

WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。 エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページを活用し 売上・成果を上げる方法満載

【プロジェクトアウル】Google検索がアルゴリズムをアップデート

プロジェクトアウル」と呼ばれるアルゴリズムのアップデートが実施された旨、2017年4月26日(水)に「Googleウェブマスター向け公式ブログ」内で公表されました。
 
今回のアップデートは簡単にいうと、低品質で悪意のある情報「フェイクニュース(偽のニュース)」への対処がメインで、同時にGoogle検索窓に表示されるオートコンプリート(過去に入力した文字を基に候補を列挙する機能)から「不適切な予測の報告」を申請できるフィードバック機能が実装されました。
 
 
年々、CMS(コンテンツマネジメントシステム)やブログ・SNS等、HTMLに関する専門知識がなくても容易にインターネット上へ情報を発信できるようになっています。
その反面、それを利用し明らかに悪意のある内容や攻撃的な情報、事実とは異なる内容が拡散され、こういった情報が多数の人々へマイナスな影響を与えてしまう事が問題となっています。
 
そのため、これに対応すべく不適切な情報を配信するサイトのランキングを下げることで改善へと向かい、信憑性が高くユーザーに役立つ本当に価値のあるコンテンツが検索ユーザーの目にとまりやすくなると考え導入に至りました。
 
フェイクニュース等は検索結果で上位表示される「強調スニペット」や本来ユーザーの利便性を上げるためにある「オートコンプリート」にも影響を与えるため、今回併せてフィードバック機能も追加し、今後のアルゴリズム改善に役立てていくとしています。
 
 
 
owl update.jpg
 

新たなGoogleアルゴリズムのアップデート/プロジェクトアウル

プロジェクトアウル開始の背景と今回のアップデート内容

Google検索の提供が始まって依頼、Googleは隠しTEXTやリンクファーム等、不当なSEOで上位表示を狙うwebサイトへの対応として、様々な視点で検索ランキングを決める「アルゴリズム」を改良してきました。
 
最近では大きなニュースとなった、まとめサイト(キュレーションサイト)内の低品質で不適切な記事・SEO対策への対応を今年の2月3日に行っています。
 
2/3のGoogleアルゴリズムのアップデートは主に社会に対しマイナス影響のあるキュレーションサイトが対象でしたが、今回はそれ以外にも以下のような情報を掲載するサイトへ対応しています。
 
 
・悪意のある情報を広めるフェイクニュース
・明らかにユーザーへ誤解を招く内容、社会に対し有害な内容
・低品質で攻撃的なコンテンツ、ヘイトページ等
・事実とは異なるであろう根拠のない、偽に近い情報
 
 
Googleは公式ブログ内で「アルゴリズムはインデックスされた数千億のページの中から信頼性の高い情報源を検出することに使用されており、その中の約0.25%のクエリでユーザーが求めていない攻撃的な内容や誤解を招く情報を有していることが明らかになりました」とし、こういった内容が拡散されることを防ぐ目的で、新たに検索品質評価者ガイドラインを立てました。
 
検索への変更をするにあたり、Googleでは実験を行っており、検索結果に関する「評価者」が実験に対するフィードバックをします。
 
それを基に検索品質評価基準を更新し、上記フェイクニュースのような内容を有する低品質なwebサイトについての詳細を追加し、低品質サイトを表示させないようにしていきます。
 
 
 
 
 
capture-owl.JPG
 

フィードバックツールの実装

Google検索はユーザーが得たい情報を早期に提供するための取り組みとして、「オートコンプリート機能」や「強調スニペット」を導入しています。
 
オートコンプリートが追加されたことによって、Googleの検索窓へ文字を入力するとすぐに検索候補が下へズラッと表示されるようになり、その中から文字列を選ぶことで多くの文字を打たなくても検索できるようになりました。上記画像の青色枠内がオートコンプリート
 
また、検索内容に関連する情報を検索結果上部へ別枠で表示する「強調スニペット」も検索のユーザビリティを上げるため導入されていますが、時には不適切なキーワード候補や本来検索キーワードと関連の無い候補が表示されてしまうことがあり、これを改善する目的でフィードバック機能が追加されています。上記画像のオレンジ色枠内が強調スニペット
 
 
検索キーワード候補の右下に「不適切な予測の報告」項目が表示されており、こちらをクリックすると「不適切とされる予測はどれですか?」と、報告するキーワードの候補が並びます。
 
その下には「差別的」「露骨な性表現」「暴力的、または危険で有害な行為が含まれている」「その他」と「その他のコメント」があり、送信できるようになっています。
上記画像の緑色枠内が不適切な予測の報告送信画面
 
 
 

プロジェクトアウルによる、SEO上の影響

今回のプロジェクトアウルのように、今後もGoogleは検索ユーザーに対し、適正な検索結果表示を行うためアルゴリズムの改良をし続けます。
 
これまではブラックハットSEOを行っているwebサイトがメインターゲットでしたが、今回のアップデートの対象はフェイクニュースが中心でした。
そしてフェイクニュースは全体の0.25パーセントと非常に少数ではありますが、検索ユーザーや世の中に対し、大きなマイナス影響を与えるため動いたと考えられます。
 
 
適切な情報発信を行っているwebサイト」や「良質コンテンツを保持していないものの、不適切な情報の掲載もないサイト」には検索順位の影響はほぼないでしょう。
 
弊社エグゼクティブクリエイションのクライアントのwebサイトでも、大きくランキングが低下したといった事例は見当たりませんでした。日頃から世の中・インターネットユーザーに対し、役立つような良質コンテンツの掲載を意識しサイト運用をしていれば、今後もGoogle検索アルゴリズムのアップデートによるマイナス影響はありえません。
 
ユーザー評価の高いwebサイト=Google評価の高いサイト ⇒検索上位サイトとなっていくよう、アップデートを繰り返していることを考えれば、どのようなサイト運営が有効か分かるのではないでしょうか。
 
 
 
---------------------------------------------------------------

webサイト制作・運営管理なら

エグゼクティブクリエイションへ!
---------------------------------------------------------------
◇ホームページ作成運営についての
 お問い合わせ・ご相談はコチラ
TEL:   03-5839-2512
FAX: 03-5839-2513
topshitabana03.jpg
------------------------------------------------
 

 

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)