東京 台東区のホームページ作成 EC ≫ クリエイターブログ
CompanyWebsite createContact

WEBサイトを活用し“売上・成果”を上げる!ならエグゼクティブクリエイションへ是非ご相談ください。 エグゼクティブクリエイション TOPページへ無料お見積り・お問い合せはこちらお電話でのご連絡:03-5839-2512

ホームページを活用し 売上・成果を上げる方法満載

ホームページ制作会社選びのポイント2

先週アップの「制作会社選定のポイント」の続きとなります。本日のブログも3つの注目ポイントをご紹介します。
 
「契約前 打ち合わせ時、会社の強み・マーケット等のヒヤリングがあるか?」「担当者の説明が分かりやすいか?」「自社の業界について、興味を持ってくれるか?」について、分かりやすくご説明します。前回の重要ポイントと共に今回ご紹介の3点も注目すると、良いホームページ制作会社を選定できると考えます。
 
 
hp create choice.jpg
 

ホームページ制作会社を選ぶ時のポイント2

1:契約前の打ち合わせ段階で、自社の強み・マーケット等のヒヤリングがあるか?

ホームページサービスの契約前に「どれぐらい、そのホームページ制作会社が自社についてヒヤリングをするのか?」は重要です。
 
「どのような業種ですか?」、「どういったデザインのサイト・構築をご希望ですか?」、「サイト制作のご予算はいくらぐらいでしょうか?」といった一般的な質問だけでなく、自社に関する特徴や対象とするマーケット、サービスの強みなどのヒヤリングをシッカリ行う業者かどうかは一つのポイントです。
 
 
最初の電話・メール問い合わせ時の段階では業種・希望デザイン・予算・納期ぐらいのヒヤリングが限界かもしれませんが、その後の契約前の訪問・打ち合わせ段階で「詳しいヒヤリングがあるか?」に注目をしましょう。
 
本当に多くのインターネットユーザーに閲覧される、反響あるホームページを制作していきたい!という姿勢があれば、やはり「顧客のサービスの強みや差別化となる点、マーケットについて、対象顧客層、今後の事業展望等」を詳しくヒヤリングを行います。
そして、それに対しどういったサイト上での打ち出し方・見せ方・展開を行っていくのが良いか、おおよその道筋を立ててもらえる制作会社がさらに良いと考えます。
 
ホームページを制作するために必要最低限の情報、デザインやメニュー内容のヒヤリングのみであれば、本当に反響を出していきたい姿勢では無いのかもしれません。
 
 
「とりあえず、ある程度見た目の良いwebサイトを作ればいい」と考えている制作会社を選ぶのか、「ホームページを作るのは一つの過程で、その後いかにそのサイトを見てもらえるようにするか?、どのように展開したらサイト経由でお問い合わせがあるのか?仕事へと繋がっていくか?」まで考えて制作を行う会社を選ぶのかで、全く反響は変わってきます。
 
現在自社のホームページが無いから一般的な内容のサイトでもまずあれば良いといった目的なら、こちらのポイントに関する見極めは必要ないかもしれませんが、ちゃんとホームページ経由の売上を上げていきたいとお考えであれば、特に注意をして判断すべきです。
 
 
 

2:担当者の説明が分かりやすいか?丁寧であるか?

こちらはホームページを制作する時だけでなく、どのようなサービスを導入する時にも必須のポイントで、やはりはじめてホームページを作る時、今まで聞いたこともないような専門用語・IT用語ばかりの説明では理解をすることが困難です。
 
聞きなれない言葉が出る度に、質問するのは悪いし、知識が無いと思われたくない…」と考え、よく分からないまま、うなずきドンドン話が進行してしまうケースもあると思います。
説明時に専門用語や業界用語が出てくると、プロっぽく見えるのかもしれませんが、そもそも聞き手に内容が伝わらなければ意味がありません。
知らない専門用語が多用される説明は、聞く気になれず内容が分からないままとなります。
 
 
このような専門用語は同じ業界の人達と話す時には便利かもしれませんが、そうでない場合「聞き手に合わせ、分かりやすい説明を行うこと」が大切で、どのような内容でも例え話等も用いて、理解しやすい説明をしてくれる担当者なのか?は、今後やり取りしていく上で重要です。
 
特にホームページ制作時のディレクター・サポート担当者は、サイトを作る時やその後の運営時に何度も連絡を取り合うので、どういった話でも納得できるよう丁寧に説明をしてくれる人物の方が良いのは間違いありません。
 
相談やアドバイスを求める度に用語について聞いたり、後でGoogleで調べたりする手間・ストレスの無い「パートナー選び」を重視しましょう。
 
 
 

3:自社の業界について、興味を持っているか?

上記2つのポイントに近い内容ではありますが、例え自社の業界に強いホームページ制作会社を選別したとしても、ある程度の知識はあっても、やはりそのクライアントの業界を熟知している訳ではありません。
 
あくまでもweb制作のプロなので、打ち合わせ時にクライアントの口から「分からない・聞いたことのない話題」もあります。
 
このような時に知っている振りをするのではなく、正直に「勉強不足で申し訳ありません、今お話いただいた〇〇とはどういったものでしょうか?」と尋ねてくるのかも大切です。
今後手掛けるクライアントの業界について、少しでも知りたい・知識を増やしていきたい!というスタンスであれば、分からない話題があった時にそのまま素通りするのでなく、学ぼうとするはずです。内容を理解しようと考えます。
 
こういった姿勢のディレクターはどんどん成長し、レベルの高い良い提案のできるディレクターとなります。
また、良い担当者のディレクションは、顧客が話をした時に積極的に良い質問があります。
適切なタイミングで、話が広がる・深まるような良い質問ができる担当者か、どうかも注目すべき点ではないでしょうか。(2300)
 
 
---------------------------------------------------------------

ホームページ制作会社を探すなら

エグゼクティブクリエイションへ
---------------------------------------------------------------
◇ウェブサイト制作・運営についての
 相談はコチラから!
TEL:   03-5839-2512
FAX: 03-5839-2513
topshitabana03.jpg
------------------------------------------------
 

 

まずはお気軽にお電話下さい!是非ホームページ作成、リニューアル等に関しお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ:info@mail.exe-creation.com
お電話でのお問い合わせ:03-5839-2512【受付】10:00〜18:00(土日・祝祭日除く)